BeGood CafeTokyoのコミュニティイベントで初期の頃よりご一緒した

フェアトレードカンパニー 『People Tree』。

定期開催のイベントやピープルツリーが主催する世界フェアトレードデーといった企画ではお互いの特徴を生かしながら交流を行っていました。

一時期はPeople TreeさんとBeGood Cafeは合同で忘年会などを企画し、スタッフ間の交流なども行わせていただいていました。

その頃にPeople Tree広報ディレクターとして主にシキタさんとやり取りしていただいていた一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム代表理事 胤森なお子様よりBeGood Cafeと彩った時代を振り返りながら、シキタさんとの思い出や3月のイベントに向けて応援メッセージをいただきました。

 

  • BeGood Cafe TOKYO、シキタ純との思い出を教えてください。

シキタ純さんと初めてお会いしたのは2000年のアースデイ東京実行委員会。フェアトレードの啓発・推進を担当する立場からファッションショーやブースの企画のため実行委員となり、たくさんの仲間が集まってイベントを作り上げるプロセスに参加し、こんな面白いことをしている人たちがいるんだと感心したのでした。シキタさんはフェアトレードにも共感してくださり、その後BeGood CafeやBe-in他、さまざまなイベントで出店やトーク出演にお声掛けいただきご一緒しました。

2005年にシキタさんから、BeGood Cafeのスタッフと沖縄・辺野古に行くので仲間を募っているというお誘いを受け、同行。現地で基地建設阻止のために闘っている人たちと会い、問題の深さを知りました。シキタさんの行動力と実行力、柔軟な発想に、たくさんの学びを得ました。

 

BeGood Cafe TOKYOがあなたのソーシャルアクションに与えた影響や、あたなにとってどんな存在だったかを教えてください

 

一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムは、2011年、全国のフェアトレード仲間と立ち上げた団体で、まちぐるみでフェアトレードを支援する「フェアトレード・タウン」運動などを推進しています。想いを同じくする仲間とつながりいろいろなプロジェクトを進めていくやり方は、BeGood Cafeにも通じます。「素敵ないいことはじめよう」というキャッチフレーズで楽しくポジティブな場をつくり、仲間が自然に集まっていたBeGood Cafe。環境や社会の問題に対して「反対」や「抵抗」ではなく共感と連帯で取り組むアプローチは、自分の活動のお手本になりました。

 

100回目のBeGood Cafe TOKYOに期待することは何ですか?

 

 

BeGood Cafe TOKYOに集っていた素敵な人たちとの再会、そして初めてBeGood Cafe に出会う若い人たちとの出会いを楽しみにしています。

 

 

あたたかいコメント、メッセージをありがとうございました!

 

新着情報一覧へ