現在はファッションショーへ向け、本番の生地を裁断してカタチ作るための型紙を製作中です。

 

縫製工場での型紙の作り方はアナログな手法で手書きで作ることもあれば

アパレルCADと呼ばれるパソコン専用のソフトで作製していきます。

 

立体になる洋服をイメージしながら平面である型紙を作れるようになるにはとにかく経験が必要ですが、はじめて型紙を作りたいと思ったら意外と簡単に作れます。

 

型紙は服飾専門学校で勉強することもできますが

独学やこれから始めてみたい方などは、型紙がついている本なども販売されているので、それを繰り返し縫ってみて「この型紙で、この形になる」という経験を積むのもいいと思います。

 

さらに簡単なのは気に入った形の服をバラバラに解いてみて、それを各パーツごとに新聞紙の上にひいて、ペンで写し取ってハサミで切れば簡単に型紙を作ることもできます。この際多少のズレは気にしなくてもいいですし、気にするなら縫い合わさる部分の長さだけ同じになるように微調整すればOKです。

 

「型紙を引く」と聞くと敷居が高い気がしますが、やろうと思えば意外と簡単なところから始められるんです。

新着情報一覧へ