劇団 地点のカルチベートチケットと似ているというご指摘がありました。私は知らなかったのですが、調べてみると確かにシステムだけは似ています。この公開ページはReadyforのスタッフの方による編集も入りますので、もしかしたらカルチベートチケットの事を知っている方がそれに印象を寄せたという可能性もありますが、まあ作品の内容が似てしまっていたら偶然といえども問題視しなければなりませんが、チケットの発券システムが似ていても特に差し支えないのではないでしょうか。ただ実際の目的はどうなのかわかりません。ビジュアル的にわかりやすくするために7500円で3席分とかのアイコンを表示していますが、いくら支援すれば何人無料で観れるかという計算はあまり問題ではありません。このような支援の方法があれば芸術作品に良い効果をもたらすということが全てです。教育無償化とか給食費無償化の議論に人数は重要ではないのと同じです。誰かのチケットを肩代わりするというような制度が慈善的な行動として見えないのか警戒します。

 

=======

ご支援はこちらから

https://readyfor.jp/projects/GE14

新着情報一覧へ