みなさん、こんにちは、ACEの近藤光(こんどうあきら)です。

 

プロジェクトを始めて24日、現在34万4千円のご支援をいただきました!!本当にありがとうございます!プロジェクトもついに折り返し地点!!どうか皆様、ご支援と拡散共有の協力、お願いたします。

 

さて、これまではおもに「なぜ、健康診断と健康ワークショップが必要なのか?」について、思いも込めてお話しすることが多かったのですが、今回は実際に何をしようとしているのかについて、クイズ形式としてみなさまにご説明したいと思います。

 

(目の検査をする)

 

Q1.なぜ、200人にしか健康診断をしないの?

 

今回健康診断とともに健康ワークショップを行う理由があります。私たちがいま支援している村にはおよそ3600人が住んでおり、残念ながらすべての人に健康診断を受けてもらうためには、莫大な予算が必要となります。そのため、事前に現地NGOのスタッフが聞き込みなどをおこない、特に学校に行く子どもを持つ親を中心に、健康に不安がある人、200人にまず健康診断を受けてもらう予定です。

 

(ワークショップの様子)

 

Q2. 健康ワークショップって何?

 

健康診断はもちろん大切ですが、すべての人に健康の大切さを知ってもらう必要があります。そこで健康診断を受けられない人にも、医師の講演や健康に関するクイズなどのワークショップを行い、健康について知ってもらおうと考えています。また200名を対象にした健康診断は、ワークショップと同じ日に実施し、多くの人々が見守る中検査を行うことで、人々に健康の大切さを理解してもらおうと考えています。

 

(順番待ちをする人)

 

Q.3なぜ、6月上旬に行うの?

 

実は6月12日が「児童労働反対世界デー」という日となっており、毎年この日にいろいろなイベントをしてきました。今回はそれを健康診断と健康ワークショップを行い、たくさんの人に参加してもらおうと思っています。この日に行うことで、健康が子どもたちを児童労働から引き離す役割も果たす、ということをアピールすることもできます。

 

子どもたちが安心して学校に行くためには、親達が健康で元気に働ける必要があります。そのためにも健康診断とワークショップを実施する必要があります。皆様、どうかご支援をよろしくお願いいたします!!!

新着情報一覧へ