残すところあと3日です。30日間を募集期間と定め、現在まで活動してきましたが、時の流れが早く感じられます。

本日はこのプロジェクトの提案過程についてご紹介したいと思います。

 

このプロジェクトは、私、江刺淳生がサークル内でのプロジェクト発表会の時に提案したものです。プロジェクト発表会とは、実現の可否に問わず、自身の考える「IFMSAKTでやりたいこと」をプレゼンする会です。

一人一人の思いや考えが如実に現れる場であるため、とても有意義で面白味のある時間だったと思っています。自分では思いつくことのない新たな発想が提案されることもありました。お互いに良い刺激になったのではないかと思います。

また、普段なかなか人前で発表する機会がないため、プレゼンテーションの練習としても最適でした。

 

今後もプロジェクト発表会を定期的に行って、IFMSAKTのレベルアップを図っていきたいところです。

新着情報一覧へ