プロジェクト終了報告

2017年04月04日

みなさまの温かく心強いご支援のおかげで無事に映画上映しました


【みなさまのご支援のおかげで、無事に映画上映を実施致しました!】

 この度は、私達一般社団法人日本発達障害ネットワーク(以下、JDDnet)のプロジェクト「 無料の映画上映を通して、発達障害に対する理解を深めてほしい!」に、とても温かく、そして大変心強いご支援をいただき、誠にありがとうございました。

 

 みなさまのご支援のおかげで、4月1日(土)、2(日)東京ウィメンズプラザにて、無事に映画上映を実施することができました。今年は参加費「無料」で実施できたことから、昨年の参加者人数を大きく上回る約300名の方にお越しいただきました。これもひとえに、みなさまの温かいご支援・ご協力をいただきましたおかげです。

 

 私達JDDnetとしては、今回のクラウドファンディングは初めての試みであったため、正直、ご支援を募ることが良いことなのかどうか、自問自答する日々ではございましたが、みなさまのご支援のおかげで実現できたこと、感謝の気持ちでいっぱいになり、達成時にはスタッフ一同涙致しました。改めまして、この場を借りて、深く、深く御礼申し上げます。本当に、本当に、ありがとうございました。

 


【結果のご報告】

----------------------------------------------

★2017年JDDnet発達障害啓発週間イベント★

 https://jddnet.jp/event170401/

----------------------------------------------

■日時:2017年4月1日(土)、2日(日)

■会場:東京ウィメンズプラザ ホール

■参加者人数:約300名

■映画上映詳細

 🔶4月1日(土)

 1回目
  9:45~11:30 (約105分) 「みんなの学校」
  11:40~13:10 (約90分) 「シンプル・シモン」

 2回目
  13:20~15:05 (約105分) 「みんなの学校」
  15:15~16:45 (約90分) 「シンプル・シモン」

 ※サプライズ上映

  18:00~19:50 (約110分) 「僕と世界の方程式」

 

 🔶4月2日(日)

 1回目
  9:45~11:30 (約105分) 「みんなの学校」
  11:40~13:10 (約90分) 「シンプル・シモン」

 2回目
  13:20~15:05 (約105分) 「みんなの学校」
  15:15~16:45 (約90分) 「シンプル・シモン」

 

   

 


【収支報告】

 みなさまからご支援いただいた資金は、映画上映費、会場費、広告宣伝費、その他アルバイトの方への人件費に、使用させていただきました。詳細は以下となります。

 

 ≪支出≫

  ■映画上映費:242,000円(※参加者人数に応じて費用が変動します)

  ■会 場 費:280,100円

  ■広告宣伝費:10,200円(※チラシ印刷、チラシ郵送費)

  ■人 件 費:10,000円

--------------------------------------------------------------------------------

    支出合計:542,300円

 


【リターンにつきまして】

 リターンにつきましては、2017年5月中に発送予定でございます。発送方法は、「クロネコダイレクトメール便」を予定しております。現在、発送の準備を進めておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 


【私達JDDnetの今後につきまして】

 私たちJDDnetは、日本の発達障害を代表する全国組織として、従来制度の谷間に置かれ⽀援の対象となっていなかった、あるいは適切な⽀援を受けられなかった発達障害のある方々及びご家族の権利と利益を擁護し、理解啓発、調査研究、政策提言など発達障害のある方の⾃⽴と社会参加を推進する活動をしています。

 

 発達障害は「⾒た目にはわからない障害」であるため、まだまだ偏⾒や誤解があり、発達障害のある⼦供や⼤⼈、そして保護者の中には辛い思いをしている方も多くいらっしゃるのです。

 

 そのため、言葉は聞いたことがあるけれども、具体的にはどんな障害なのか分からないという方のため、毎年4月2日から8⽇までの「発達障害啓発週間」に合わせて、映画を通して気軽に、抵抗感少なく知ってもらう機会として、映画上映を実施致しました。発達障害について“知る”機会をつくることで、発達障害のある方や関係者の”困ってる”は、実は身近なことだということに気づいてもらいたかったのです。

 

  JDDnetの使命の1つは、すべての人に発達障害を知ってもらう『理解啓発』ですので、今回のような映画上映は、今後も引き続き、毎年、私たちJDDnetのやるべきことであると考えています。

 

発達障害の人たちの”困ってる”は、

 

社会の”困ってる”。

発達障害の人たちが幸せになることは、

つまり、社会を幸せにすることにつながる。

 

 この“気づき”が多様性の理解をさらに加速し、日々のやさしさや思いやりへとつながることを私たちは確信しています。発達障害の方々が幸せになることは、つまり社会を幸せにすることにもつながるはずです。発達障害の理解啓発には、また私達JDDnetの活動には、皆さまのお力が必要です。どうか今後とも引き続き、ご支援の程、何卒よろしくお願い致します。