もう10月も終わりですね。

11月に入ると

11月1日 第5回実行委員会

11月1〜2日 パネリスト打ち合わせ

11月9日 資料準備

と慌ただしくなります。

 

会議のメンバー「JGK26」の皆さんには、すでにお知らせ済みですが、

第1回自分ごと化会議in松江の式次第が確定しました。

傍聴大歓迎です!

 

2018年11月11日(日)  13:30~17:00

 島根大学 大学会館3階 大集会室

 

総合司会 :共同代表 大谷怜美     

 

開会

〈13:30~13:40〉

  ・主催者代表挨拶:共同代表 毎熊浩一

  ・構成団体代表挨拶(構想日本代表 加藤秀樹)

 

  1. 自分ごと化会議in松江の概要説明

〈13:40~13:50〉

  説明者:共同代表 福嶋 浩彦

 

  1. 基調講演 

【原発を考えるために必要な視点

 ~科学によって問うことはできるが、

       科学によって答えることができない問題群~

〈13:50~14:35〉

   講師:東京大学政策ビジョン研究センター教授 谷口武俊氏

    ▼お話いただく主な内容

  • “原子力は社会に必要か”という問い
  • 問いを考えるための視点
  • 原子力利用の諸問題を考える  など

 

  ~10分の休憩~

 

  1. パネルディスカッション【島根原発への考え方】

〈14:45~16:05〉

  

  パネリストの紹介

 

  【賛成の立場】

    長谷川千晃氏(中国電力株式会社執行役員島根原子力本部副本部長)

 

    石原孝子氏(松江エネルギー研究会代表)

 

  【反対の立場】

    土光均氏(さよなら島根原発ネットワーク共同代表)

 

    手塚智子氏(市民エネルギーとっとり代表)

  

 コーディネーター:構想日本総括ディレクター 伊藤伸

  • 島根原発の必要性や安全性についての意見交換。
  • 冒頭15分ずつ、パネリストから問題提起。
  • その後、意見交換。

 

  ~5分の休憩~

 

  1. 全体協議

〈16:10~16:55〉

  ・自己紹介

  ・基調講演、パネルディスカッションについて質疑応答

 

  1. 閉会

〈16:55~17:00〉

   ・アンケートの記入

   ・事務連絡

 

2回目以降は、以下のようになります。

 

 

 

新着情報一覧へ