2月19日に大船渡商店街にて、

世界青年の船に乗っていた世界の青年たちに、

気仙椿ドリームについてお話をしました。

 

3.11について。

それから、ボランティアとして被災地に入って感じたことについて。

そして、今陸前高田に移住して感じていることについて。

 

新しい事業を興す時には、

「若者」「よそ者」「ばか者」が必要だと言われています。

 

そうした人たちが一緒になって事業を創る事の大切さ。

"つながる"ことの大切さと、"つながり方"の大切さについて。

 

世界に、気仙椿ドリームが少しずつ伝わっていけばと思っています。

 


 

新着情報一覧へ