クラウドファンディング挑戦開始から㉛日目。

『ラオスの障がい児ケアを一歩前へ!心に寄り添う人材を育てたい』へのあたたかいご支援、応援、ありがとうございます。

 

今回のクラウドファンディングに、アンコール小児病院(AHC)のPhaktra外来看護師長から応援メッセージが届きました。

 

わーい!アンコール小児病院では、一番私の嫌なところを知っているピャクトラ君からのメッセージがきました!一緒に過ごした時間は、誰よりも長く濃厚でした。よく耐えてくれました、私の叱咤叱咤(激励はない。笑)今では姉弟のようで、カンボジアへ行くたびに私がたっぷり甘えております。あー、会いたくなっちゃったな…。

 

********************************************************

Dear Kazu san,

I am one of the staff who first worked with you since the HIV/Homecare project started in 2001, before this year I used to be a voluntary staff (using time after finished working in night shift and my day-off) to help the project while I was an IPD staff. I prefer to say that you had spent much time about 12 years to help our Cambodian poor sick children with compassionate care. Moreover, you trained us a lot to be a capable staff to a good care to the patients in the hospital, and improved health care knowledge, especially HIV, homecare and ART care to other governmental/ non-governmental staff/stakeholders in the country. One of many special programs you created for Angkor Hospital for Children is pediatric peer education program; it is very helpful to HIV infected children. Through this, the children know about their value in life with HIV. As the result, they adhere well to ART, feel positively to live and continue their education as their dream…  On behalf of HIV/Homecare team, I would like to thank you for your effort and devotement for Cambodian children and staff.

 Missing you!

Best Regards,

Phaktra

2007年

 

▼和訳▼

親愛なるカズさん

 

私は、2001年にアンコール小児病院でHIV/ホームケアプロジェクトが始まった当初の一番最初のスタッフでしたね。正式にスタッフになる前は、入院病棟で働きながら、お休みの時にプロジェクトを手伝うボランティアスタッフだったことを思い出します。

 

「Compassionate care (思いやりのあるケア」」の気持ちをもって、カンボジアの貧しい病気の子供たちを助けるために、約12年もの月日を費やしてくれました。その間、病院の患者さんへのケアに対応できるスタッフを養成するために多くのことをあなたから学びました。特に、HIV診療、ホームケアを国内の他の政府/非政府職員やステークホルダーへも広めることができました。

 

その中でもユニークだったのは、小児ピア教育プログラムです。アンコール小児病院のために作成した特別なプログラムの一つで、HIVに感染した子供たちにとても大きな力を与えました。これを通じて、子供たちは日々の生活の中で自分の価値について学ぶことができ、その結果、抗HIV剤を服用し、将来の夢を持ち前向きに生きる姿勢を身に付けることができました。 HIV/ホームケアチームを代表して、カンボジアの子どもたちのために貢献してくれたことに心より感謝します!

 

あなたがいなくて寂しいですよ!

 

Phaktra

 

2009年

********************************************************

新着情報一覧へ