こんにちは!
ニワトリの飼育でタンザニアの子どもたちに幸せを届けたいプロジェクト昨日ついに始動いたしました。

 

予定より3時間程遅れてしまいましたが、すでに2名のご支援を頂きました!
ありがとうございます!!

またfacebook上でいいね・シェアを行ってくださる皆さまもご協力ありがとうございます。
その数が自分の励みになります!!

 

今日は私がインターン中で、このプロジェクトのご支援先にもなるMEHAYO centreについてお話したいと思います。
MEHAYOは20年前に設立された、タンザニアのハンディーキャップを抱える子どもたちの自立支援を目的とする団体です。

(入り口)

 

(中は草花がきれい)

 

当初5人の子どもたちからスタートしたMEHAYOも今は36名の子どもたちを保護しております。彼らはスタッフの指導のもと、洗濯やお皿洗いを自主的に行うことで自立にむけて毎日を過ごしております。
そんな子どもたちはいつも笑顔で自分と接してくれますが、彼らのバックグラウンドは壮絶なものがあります。幼い時にマラリアにかかって生死をさまよったり、両親を早くになくしたり、保護された時は木の下で瀕死状態だったりと。
先進国である日本に生まれ、特に病気にかからず、親からの愛情を受けて育った自分には考えられません。
そんな彼らの命をMEHAYOという団体の存在は救ってきていると言っても過言ではありません。子どもたちはタンザニア全土から保護されます。そんな存在価値の高い団体の環境を良くしたい、子どもたちにもっと幸せになってもらいたいという想いでこのプロジェクトをスタートさせました。

ニワトリ代25万円。1円でも届かないと彼らに支援することができなくなります。
どうしても25万円必要です。
ご協力よろしくお願いいたします!

 

(子どもたち。彼女たちが来ているのがカンガです。)

 

[facebookページ]
https://www.facebook.com/mehayochickenpj15

[代表者ブログ]
http://kazuki-masamoto.tumblr.com/

新着情報一覧へ