クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ニワトリの飼育でタンザニアの子どもたちに幸せを届けたい

正本和希

正本和希

ニワトリの飼育でタンザニアの子どもたちに幸せを届けたい
支援総額
369,000

目標 250,000円

支援者
49人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2015年09月10日 16:58

あなたの仕事は幸せですか?

一昨日と昨日で5名の方からのご支援がございました。
本当にありがとうございます!!
もうすぐで50%に到達します!!
今後も頑張っていきますのでよろしくお願い致します!!

 

 

さて、私事ですが昨日タンザニアのダルエスサラームにて強盗被害にあってしまいました。完全に自分の不注意です。

 

そこから感じたことがあるので書かせていただきます。

強盗被害中、犯人が
「これが俺らの仕事だ」
と自分に言いました。


自分はこの言葉がすごい強く印象に残りました。
日本は数ある企業やバイトなどいろいろな仕事が存在します。
もちろん日本にも犯罪を仕事とする人がいるのかもしれませんが、こちらでは犯罪を仕事とすることが日本より普通らしいです。
というのも大使館の方に日本人でこのような被害に合うのは月4人はいると言われました。

 

この言葉と自分が被害にあってから
「この世界は自分が思ってるよりうんと絶望にいる」
と思いました。

 

でも、そのままにしてはいけないとも感じました。
日本がいろいろな時代の境で変われたように、世界全体も変えないと絶望のままだなと思いました。
その改善は気づいた人間がやればいいし、
日本人はこの絶望に違和感を覚えるはずです。

 

日本人が世界変えてかないと

 

そう思いました。

 

昨日私自身強く思ったのが

"一つの仕事に携わるすべての人が幸せになる雇用を作りたい"
ということです。
もちろん今回のようなケース。
犯人は幸せになったかもしれませんが、悪銭って本当の幸せでしょうか。
そして彼らの仕事に携わった被害者の自分。全く幸せではありません。


MEHAYOのスタッフを見ていてもそう思います。
せっかく素晴らしいことをやっているのに幸せじゃなさそう。
これを世界からなくしたい。本当に強く思いました。


その一つの自分の欲求を叶えるためにもこのインターンシップは最後まで挑戦し、絶対に現地にポジティブなインパクトを与えてやると思っています。
通信手段や金、カメラなどいろいろなものを盗られました。正直帰りたいとも思いました。
ただ、幸いにもパソコンは無事だったし、自分のインターンシップの成功を待っている人たちが沢山います。

 

このニワトリプロジェクトも絶対に成功させます。

ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■ メールにて活動報告

支援者
39人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円に加え、
■ 子どもたちからのサンクスレター
■ MAHAYOが作成した工芸品
■ 鶏舎にお名前を刻ませていただきます

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円に加え、
■ ミクミ国立公園ご招待券

支援者
1人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円に加え、
■ タンザニアのコーヒー
■ カンガ【タンザニアの特産品】

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする