Next Door Project for Reading サポーターの皆様

 

こんにちは。ケニアより山上 遊です。

 

 本格的な冬の到来です。ナイロビ、ムクルスラムもどんどん寒くなってきております。大きな進捗というわけではないですが、前向きな動きがあったため、報告させていただきます!

 

建物:建築士はあきらめ、自分たちで最終確認を実施…。

前回、建築士がつかまらず、最終確認が出来ないので、引き渡しが遅れているという報告をさせていただきました。以降もコンタクトを取り続けたのですが、音沙汰なく、これ以上、日本のサポーターの皆さまをお待たせする事は出来ないということで、自分たちで最終確認を実施し、工事業者と調整を実施しました。

・窓ガラスが汚い

・窓枠にハンドルがついていない

・窓が開かない、閉まらない

・工事の道具が置きっぱなし

この報告に基づき、清掃と最終仕上げ工程が開始され、来週中に引渡が完了します。

 

塗装材がついたままの窓ガラス

 

最終仕上げの様子

管理:ムクル ユースグループ定期ミーティング

ムクルのユースグループ「Inuka Angaza Kijana (Rise and Shine Youth)」にて、本格的にミーティングが開始され、打合せの場に、図書館スペースが活用されています。ユースグループにとって、「Mti wa Kengele」は図書館だけにとどまらず、色々な活動をスタートされる発信の場になるという期待感を持ち、可能性を秘めた場になっているようです。

図書館を使った打合せの様子

 

看板:看板業者を追いかける
知り合いネットワークを使って、督促しております。念のために保険として作っておいたザンジバル製の看板が、保険じゃなくなるかも…。皆さまへのリターンの1つに、図書館の看板と支援者の方々のお名前を記載したプレートを壁につ行けるという物があります。この看板作成を知り合い経由で発注した結果、看板会社が前払い金を受取ったまま、納品逃げをされています。ケニアの会社は自転車操業が多く、前払い金が他の支払に使われてしまったという可能性もあります…。

保険として作った看板(結構、良い)

最後に

なかなか、完了報告ができず、皆さまをヤキモキさせておりますが、なんとか収束方向に向かっております。11月には完了報告を実施したいと考えております。

また、Next Door Projectの知多半島の活動を8月より開始いたします。こちらは音楽に焦点を当てたプロジェクトです。図書館も完了していない中ではありますが、こちらについても関心を持っていただけるとありがたいです。

 

 

Next Door Project/山上 遊

2017年7月30日

新着情報一覧へ