READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!
支援総額
2,072,000

目標 4,500,000円

支援者
71人
残り
終了しました
募集は終了しました
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年04月10日 02:06

第9回 OCR1000をリアルタイム体感した世代

 

このプロジェクトの公募も、まもなく折り返し点です。

 

READYFOR?のキュレーター(担当者)によれば、
支援が伸び悩む「中だるみ時期」に突入するそうなので、

FacebookでのシェアやTwitterでの拡散などの

御協力をいただければ嬉しく思います。

 

少しでも皆様に関心をもっていただけるよう、

このコーナーは、なるべく更新していこうと思っていますので、
どうかお付き合いください。

 

 

前回、模型雑誌二誌にプロジェクトが掲載された記事を書きましたが、
それに関連して、ちょっとしたエピソードがありました。

 

掲載誌が発売されて数日経った頃です。

バイク模型の前作、カワサキ750ssを御購入いただいた

Mさんから電話がありました。

 

「モデルアートを読んだよ。ぜひ支援したくて、

 クラウドなんちゃらのホームページにアクセスしたけど、

 登録とか、パスワードとか、よくわからないから、

 これ直接、現金書留で送っていいよね?」

 

いやいや、それじゃ支援にカウントされません。

 

Mさんは、今年61歳でパソコンとかネットは不得手。

メールの送受信や検索、ホームページの閲覧はできるものの、

画像をメールに添付したり、ネット通販などはダメだそうです。

 

まだ会社員だった頃は、パソコンを使う作業は部下に頼んだり、

教えてもらったりして、なんとか誤魔化してきましたが、

定年退職後は、その手も使えず。

 

結局、誰か信用できる方に教えてもらって登録を済ませ、

支援をしてくださいと、お願いして受話器を置きました。

 

実はバンビーンOCR1000の試乗記事や、村上もとかの

「熱風の虎」をリアルタイムで読んだ世代は50歳以上なので、

パソコンが苦手という方が少なくはなく、
プロジェクトの開始前から危惧されていた問題でした。

 

私は56歳ですが、同世代の友達で不自由なくパソコンを使い、

SNSなどを活用している人は半分程度です。

 

つまり、バンビーンOCR1000が好きだという世代と、

クラウドファンドでの支援が難なくできる世代は、

どうも合致してないみたいです。

 

 

 

 

 

OCR1000の雄姿は忘れられないものの、

 

「支援はしてあげたいけど、登録とか面倒だな…」

 

と悩んでおられるシニアの皆様、部下でも、家族でも、

自治体のパソコン教室でもいいですから相談して、

登録を済ませ、ぜひ支援をお願いいたします!

 

あなたの支援が頼りです!
 

一覧に戻る

リターン

3,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

5,000

・ サンキューメール
A 御礼状
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
5人
在庫数
制限なし

20,000

・ サンキューメール
A 御礼状
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
37人
在庫数
制限なし

30,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
19人
在庫数
制限なし

300,000

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載
G プロモデラーによる塗装済み完成品を贈呈

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする