こんにちは!世界を楽園にする映画監督・増山麗奈です。

って言い続けていたら、本当に毎日楽園のような幸せな気持ちで過ごしています。思い込む力ってすごい 皆さんも試してみてください!今皆さんがいるところそこが、楽園です!

10月13日、14日、墨田区の法性寺で行われた「北斎×着物 寺フェス」もまさにお寺中に天女がいて、桃源郷のような空間を生み出しました。

 

ステージ速報動画を作りましたのでぜひご覧ください♪

あー今思い出しても どこを見ても綺麗だわ美しいわ 艶やかだわ ここに

は映っていないブースでもお灸を作るコーナーやアート展示など素晴らしかった!そして着物着ている人が多数派という時空を超えた場所でした♡

 

私は北斎へ捧げる切り絵を描きました!

ネクタイやコルセットを合わせた自由な着方こそ洋服と着物のあいまいにして「とにかくかっこよければよくね?」というミシェルさんネオ着物ワールド。

ネイルやメイクにもこだわり、兼田玲菜監督率いるモデルさんたちが超POPでかわいかった♡しかもその場で着物を仕立てる「仕立てとお話し処Dozo」さんのパフォーマンスもあり、着物に対しての深い愛情を感じるのです。こんなイベントほかにないよ!

 

日本文化を伝えるいろんな団体の中でもこんな風に若い人たちが元気ワイワイと活躍している団体は貴重。

もう、応援せざるを得ない。

 

だって、いまこの子たちを応援しなかったら、日本文化が完全に、途絶えてしまうかもしれないのだもの。

日本刺繍しかり、和裁しかり、浮世絵、版画、硝子工藝、日本にはたくさん、たくさん素晴らしい技術があり職人さんがいるけれどどのジャンルもその技術を伝える次世代が育っていません。

 

私達ReFashionCaravanは、最新のPOPな感覚と和の文化をミックスすること世界に発信することで、日本が世界に誇る美しい芸術や、技術、思いやり、もったいないの心を知ってもらって、

1000年先まで着物や日本文化を伝えられるように頑張ります!

私は、法性寺とご縁のある葛飾北斎さんとチャネリングする気持ちで、絵を描きました。

江戸時代、有田焼を包む包み紙として浮世絵が使われていて、その封を開けた時に欧米の方々がその浮世絵の超絶センスと技術に度肝を抜かれて世界に知られた北斎。いつも日本人は目の前の宝物に気が付かないで、浮世絵にしても、明治工藝にしても、多くの名品は海外にあります。

 

それって本当に悲しいこと。そして恥ずかしいこと。私は22年間 絵や映像、文章とエンターテイメントの世界で生きてきて、いかに日本の芸術にかかわる人が苦労しているか、伝統芸能にかかわる人たちが本当に低収入で生きている現状を知っています。

 

世界中で何十万人も集まる日本博があり世界中から愛されているのに、当の日本がその価値に気が付かないなんて、悲しい。音楽も20年前に比べてシェア半分、ドラマも、バブル時代の名残を追いかけて新人をこの時代に作ろうという気概も少ないし、それをサポートしようという文化許容力が少ない!

 

和の文化を世界に伝えることで、エンタメ全体を元気にしたい!

どうか皆さん、応援をお願いします!

 

日本文化を最新アートとミックスしながら 超かっこいい!ってことを世界中の人に知ってもらうことで

「法性寺に行こう!」とか日本への観光客誘致につながり

日本ブランドを上げ

ひいては 高齢化や少子化、20年間止まった経済成長の中でも

国内の雇用を生み出すことにつながると思っています。

 

大げさに言ったら!

 

日本の未来を救うには、ReFashionCaravanのロンドン行を応援するしかない!!ってことです!

 

あーすっきりしたー

よろしくお願いします!

 

あ、そうそう!10月19日~25日まで

渋谷のユーロライブで私が代表している一般社団法人ユーラシア国際映画祭がロシア文化省と企画している「ロシア映画祭in東京」があります。そこで司会をしてくれるジャーナリストの堀潤さんの着物の着付けをReFashionCaravanが行うことになりました!NHKから独立した後も、地上波のギリギリを追求するジャーナリストとして生き方までイケメンな堀潤さんが、ロシアの映画をむかえるにあたってどんな素敵な和装スタイルになるのか!いまから楽しみです♪

ロシア映画祭の予定はこちら↓

ぜひ皆さんも当日会場にお越しください!!

 

10月19日 「底のないバッグ」 (Мешокбездна)
 
 
司会 堀潤 (ジャーナリスト)
18:30開場) 渋谷・ユーロライブ
会 場
渋谷/ユーロライブ(10月19日~21日、24日)
JR・地下鉄・東急・京王「渋谷駅」5分
渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折
住所:渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
TEL:03-6675-5681
http://eurolive.jp/access/
監督ハムダモフ・ルスタム
/2017 年作品/104 分/ジャンル=ドラマ
年齢制限12歳以上
新着情報一覧へ