こんにちは。
プロジェクト責任者の宮地祥子です。
プロジェクト8日目、目標金額の29%までリーチしております。
ご支援、応援のメッセージ誠にありがとうございます。
プロジェクト達成に向けて努めてまいります。

さて、今日は肌の老化の原因について書いてみます。

お肌の老化といえば、

ハリがなくなる。
しわができる。
シミができる。
たるむ。
透明感がなくなってくすんでくる。
弾力がなくなってくる。
乾燥してくる。

こんなところが主だったところでしょうか。

お肌の老化の原因は、人間の体自体のエイジングによる老化と紫外線の光による老化と2種類あります。

エイジングによる老化は20%

光老化による老化は80%



そう、つまりアラフォーからお肌の曲がり角だから水分が減ってくると言われながら、それは原因の20%の部分。

残りの80%は光老化。紫外線によるダメージです。
紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

肌に悪影響を及ぼす紫外線には、UVAとUVBがあって、

UVAは、しわ、たるみの原因に。
肌の真皮にまで到達し、肌のはりを保っているコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やして、コラーゲン繊維は小さく切断され、エラスチンは変性されてしまいます。このため皮膚は弾力を失ってたるみ、シワを作っていきます。

UVBは、シミの原因に。
肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があります。
表皮細胞の遺伝子に傷をつけるのでシミの原因になるというわけです。
波長が短いため肌の真皮にまで直接は届きませんが真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めて、間接的にシワの原因になります。 


コスメだと、UVAはPAのプラスマークの数で、UVBはSPFの数値で紫外線カットの効果を表します。

SPFについては、過去記事『日焼け止めと虫除けは、どれくらいの頻度で使用すべき?』をご参照ください。

光老化を防ぐこと、紫外線をカットすることができれば、肌の老化8を遅らせることができるというわけです。

日焼け止めをしっかりと塗りましょう。
冬だからといって安心ではありませんよ。
冬の太陽からも紫外線はでています。

シミやしわは、長年の紫外線によるダメージです。長年の蓄積によってできるんです。
夏も冬も関係ないです。

もちろん、紫外線の量は夏の方が多いから、さらにしっかりと。
冬でも日焼け止めは必須。日傘に帽子も必須です。


そして、シミやシワを防止する日焼け止めを利用して、外出後の帰宅は、美白化粧品で予防をしています。
ビタミンC誘導体配合や、保湿クリームで肌のターンオーバーを促進させることがいいですね。

そして、食べ物も大切。バランスのとれた食事で、抗酸化作用たっぷりの野菜で錆びない体作り。良質なタンパク質とともにお肌を作りましょう。
肌の糖化を進める糖質は控えめに。
糖化は、シミやシワの原因になります。


光老化を防ぐ日焼け止めとアフター美白ケアに保湿。
さらに食べ物で肌の老化に対してアプローチを。

開発の虫除け&日焼け止めのためのアロマエキス&アロマオイルミルクローション


現在、SPF&PAの数値取得のために当クラウドファンディングにて検査費用を募っております。
時間美容から考えても、ローズマリーやレモングラスでリフレッシュできる朝に向く香り。
お出かけ前や洗濯物を干すときにささっと塗れる。
運転する時にも集中力の立て直しにいいですよ。
あと、勉強中の子供のリフレッシュにも。


お肌を老化させたくなければ、しっかりと日焼け止めを音譜

 

新着情報一覧へ