みなさん、こんにちは!
 
昨日はDIY復興ドームのつくりかたをご説明しましたが、
そもそも「DIY復興ドームってどういうものなの?」といった疑問をお持ちの方も多いですよね。
 
そこで、活動する中でいただく質問のなかでも、
よくあるものを3つほどピックアップして簡単に解説してみようと思います。
 
今日は「よくある質問その①」です。
それでは参りましょう!
 
ーよくある質問その①
「DIY復興ドームってどれぐらいもつの?」
 
DIY復興ドームは「ロシア白樺耐水合板」という木材でつくられています。
たとえばホームセンターで売っている一般的な合板が3~5枚重ねだとすると、
同じ厚みでもこちらは11枚重ねでできているためとても密度が高いです。
また重ね合わせるのに使う接着剤は、熱や水に強いフェノール樹脂というものが使われており、
一般的なものと比べてはるかに長持ちします。
 
組み立てたあとも、表面の塗装とメンテナンス次第では何年も使える優れものなんです!
「DIY復興ドーム」は東北の厳しい冬を越えることができる、
とっても丈夫な素材でできています。
 
新着情報一覧へ