皆様にご支援をいただいている原書のタイトルは、「Exploring Islands of Healing」と言います。前作「Islands of Healing」(邦訳「アドベンチャーグループカウンセリングの実践」みくに出版)をさらに探求するというような意味です。

「アイランズ・オブ・ヒーリング」は、もともとアウトワードバウンド(OB)の創始者であるクルト・ハーンの言葉です。ハーンの許可を受けて本のタイトルにしたとジムが言っていました。

 

「アイランズ・オブ・ヒーリング」とはどのようなものなのでしょうか。

安心できる場所、安心できるからこそ挑むことができる場所、それはフルバリューの考え方にとても近い場所にある気がします。

 

宮城での研修会の一場面

 

 

 

新着情報一覧へ