ただいま、入稿した原稿を編集やデザインをしてもらっています。

見出しの大きさや、階層の調整、挿絵や図の場所など作業することは多岐にわたります。

 

そして私たちは、編集の方が初校を作ってくださっている間、タイトルを考えています。

原題 Exploring Islands of Healingをそのままカタカナにしても何の本なのかわからない。前著のIslands of Healingの邦題は「アドベンチャーグループカウンセリングの実践」ですが、そのまま、「アドベンチャーグループカウンセリングの実践2」というのもなんだか寂しい。。

 

余談ですが、アドベンチャーグループカウンセリングという言葉は、原書の中には使われていない言葉で、翻訳の段階で、「Adventure Based Counseling」をわかりやすいであろうという形に変えて使いました。

前著の翻訳本が出版されたころは、まだPAに関する本が1冊も日本で出ていない時代。そんな中で「アドベンチャーベースドカウンセリング」と言っても何のことやら・・だろうということで変えたのです。
今なら、そのまま「アドベンチャーベースドカウンセリング」でもいいかなと思ったりしています。

クラウドファンディングで支援してくださった方以外の方々にも手に取っていただきたいので、書店やネットでみたときに、「これは面白そう」「役に立ちそう」「読んでみたい」と思ってもらえるタイトルにできたらと思います。

よいアイデアが空から降ってこないでしょうか・・。

 

裏庭で子どもたちと野球をする著者ジム

 

新着情報一覧へ