毎日新聞京都版(8月30日)の朝刊に記事が掲載されました!

 

 

 

 

アプリの共同研究者である京都大学の石見拓准教授が事務局長を務めている「減らせ突然死」プロジェクトのことも記事の中で紹介されています。「減らせ突然死」はAED導入10周年の今年、医師、救急救命士、看護師などが心停止者救命の問題の啓発をしようと活動している団体です。ぜひこちらにアクセスして下さい。

http://aed-project.jp/

 

心停止者に素早くAEDを使用することで、生存率は大幅に向上します。日本は世界有数のAED普及国であるのに、市民によるAEDの使用率が低く、心停止者の生存率が先進諸国の中でも低いという現状があります。

 

AED SOSでは、付近のAEDの場所をアプリ上で表示し、SOSにより付近の救命登録者に知らせてAEDを素早く現地に運んでもらうことでAED使用率を向上することを目指しています。

 

クラウドファンディングの終了まであと25日しかありません。

目標額が達成できるよう、何卒ご支援を宜しくお願い致します⬇

 

 

 

 

新着情報一覧へ