図書室建設の前からおこなっている移動図書館活動。

 

去年の7月17日に陸前高田市からスタートしたこの活動も、一日4カ所を巡回すると300冊近い本が借りられます。

 

本の貸し借りだけではなく、あたたかい雰囲気作りを心がけています。

 

本日は、移動図書館の運行時に聞かれた声をお伝えします。

 

今回できる図書室も、こんな声が聞こえる場所となるはずです。

 

**

■本の話

移動図書館や図書室ですので、もちろん「本」の話で盛り上がります。

 

「本借りようと思ってるんだけど、友達に会ったから話してから行くからね。待っててね。」                      

                                                        


                                           
(リクエストした本)「この本あったんだね。やっと読めるわ!嬉しい!」                                          

             
「パソコンしたいと思っても、機械に弱くって。だれか教えてくれないかしらね。」                              

                         
「読みたい本注文してもいいですか?本屋に行くのも大変だし、あなた方になら頼みやすいわ」  

                                                     
「今日広田のお祭りのテレビ放送あるから、借りたから帰るわ。」                                                  

 

「本きてるって言うから来て見たわ。 」

 

「頼んでいた本あったの?書店から届いたら今度持ってきてね。」(書店に本注文中の為)          

 

「届けてくれてありがとう。本、楽しかったよ。」(前回息子さんにお母さんのリクエスト本を渡した) 

 

「今度来るの一ヶ月後だけど、読み切れないから1冊だけ借りていくわ。」                                                       


「字読むと眼が疲れてね。写真だけでも眺めるのも良いかもね。」            

 

■コーヒーの話

「立ち読み お茶のみ お楽しみ」を活動のキャッチフレーズにしています。本を一人でもくもくと読むのもよし、ふらっと来てお茶を楽しむもよし。そんな中、コーヒーは人気です。

 

インスタントではないコーヒーを用意しています。

 

                              
「外に居る人にまでコーヒーありがとうね。あったまるね~。」

 

「コーヒー美味しいから、おかわりしても良いですか?」

 

「コーヒー飲んで、くつろいでから作ろう(団子)、飾り雛きれいでしょ?皆で作ったのよ!」            

            

■生活のこと・・・

本を手にして、コーヒーを飲んで。そんなとき、ぽつ、ぽつと生活の話になることも。

 

「道路拡張になるから、高田高校の野球物置がこっちに来たんですよ」(集会所脇)           

                                                                          
「今日は、誰も居ないからゆっくりできるわ。 」                                                     
                                              

「犬連れてきたから窓から貸して下さい。集会室に入られないから。」                                                       
                                              
「銀行で被災者用住宅融資受けようと思って、罹災証明持参したが、年齢制限で駄目だった。   65歳までしか駄目だって。おれ66歳なんだよ。収入無いと65歳以下でも駄目なんだってさ。」

                                                      
「養殖業だったから子どもたちも無職になってて…後で漁協に相談に行ってくるよ」

                                                      
「子ども春休みだから、盛岡のおじいちゃん家に泊まりに行ったんですよ。だからゆっくりです。」                                                       


「風邪治ったから、やっと出て来られるようになったわ。」            

                                           
                                          
「友達の結婚式あるけど着る服が流されたから、買いに行ってきたんですよ。」

 

***

 

本は、ただ読むものではなく、

 

人と人とをつなぎ、胸の内をちょっとでもお話しできる時間と場所を作っています。

 

 

 

皆さまからのご支援が、心の支えになっています。ありがとうございます。