プロジェクト概要

東ティモール人に知るきっかけを!

フリーマガジン「Timofee」〜親愛なる、東ティモールへ〜

http://timofee.org/

______________________________________

 

はじめまして!慶應義塾大学2年の松永悠と申します。私は2015年の夏に東ティモールという21世紀最初の独立国を訪れました。この国は、日本とは人種も言語も宗教も違い、旅先での出来事すべてが新鮮で、そしてこれまで訪れたどの国よりも異国でした。英語がほとんど通じず、観光客に出会うこともそうありません。

 

そして東ティモールは独立して間もない、これから国づくりをしていく段階にあります。若者などは自国の国づくりへの思いも強く、この国の発展をとても楽しみに思う反面、インタビューなどを通して少し心配をしてしまう私もいました。

 

(東ティモールの海岸にて、綺麗に彩られた物を描く商人)

 

東ティモールの人に知ってほしいことがある。私は東ティモール滞在中にそう思うことが多々ありました。これから発展していく上でこの国は変わっていくはずです。そんな時、彼らによる、彼らの国づくりをする上で、様々な視点があることに越したことはありません。先進国をただ見習うのではなく、彼らにあった発展をとげられるように、メディアがあまり発達していない現状で、様々なことを知るきっかけを持ってもらえるように、フリーマガジンを製作しようとなりました。

 

 

このフリーマガジンは「東ティモール人に知るきっかけ」を与える雑誌です!

 

(東ティモールの海岸にて、元気に遊びまわる子供たちと)

 

 

読み物を求めている東ティモールに、現地語のテトゥン語で製作したフリーマガジン「Timofee」を1,000部配布するための、印刷費と輸送費が足りていません。

 

東ティモールでは現地NGOの活動に同行させていただいたり、独立闘争の爪痕が残る場所をめぐりました。そして、東ティモールの人々と触れ合う中で「読み物が欲しい」という言葉をよく耳にしました。活版印刷があまり盛んではなく新聞を刷ることがやっとのことだそうで、なおかつ読み物があったとしてもそれは値段が高く手に入れることが難しいとのことでした。

 

また、入手できる書籍はインドネシア語、英語、ポルトガル語であり、国民の90%が話し理解するテトゥン語の読み物は首都のみで販売されている新聞と聖書だけとも言われています。そのような状況の中で、現地語であるテトゥン語で作られたフリーマガジンは需要がある物だと強く感じます。そこで、東ティモールの人々に知ってほしいことを詰め込んだフリーマガジンを製作しようとなりました。

 

紙面の方は日本語版は完成し、英語翻訳も終わり、今は東ティモールでお世話になった方たちと協力して、テトゥン語翻訳をすすめているところです。しかし、印刷費40万円、郵送費30万円ほどがかかる計算で資金が足りておりません。また、資金次第で印刷部数は増えたり減ったりする予定です。一人でも多くの東ティモールの方に届けられるよう、ご協力の方、よろしくお願いいたします。

 

(旅の途中に訪れた村にて、村人たちは私たちを温かく迎え入れてくれた)

 

(旅の途中に訪れた村にて、村を訪れた記念に一本の小さな苗木を一緒に植えた)

 

 

彼らによる、彼らの国づくり!

 

私たちは、この雑誌を通して発展の形を押し付けたい訳ではありません。発展においてたくさんの視点を持っていることに越したことはありません。この雑誌では彼らに一つの視点として、先進国の現状や問題を知ってもらった上で、彼らの国づくりに活かしてもらえるよう、またこうなりなさいと押し付けにならないように気をつけて製作しております。加えて、雑誌を読んだことのある人が少ないと聞いたので雑誌としても楽しんでもらえるようレイアウトや文章、写真に工夫をしております。

 

(紙面は48ページあります。フリーマガジンのいくつかのレイアウトの様子)

 

紙面の様子や内容につきましては、HPの雑誌構成の方に詳しく記載しておりますので、そちらをご覧ください。

http://timofee.org/(スマホ対応もしてますが、パソコン推奨です!)

 

(迷子になっても、現地の人々は優しく道を教えてくれました)

 

(首都ディリにて、気さくで元気な子供たちと)

 

 

私の根底にあるのは、大好きな東ティモールのために何かしたいという思いです!!!

 

この国の人たちは、読み物を求めている現状があります。雑誌という、面白くて格好いい読み物を読んで欲しい。この雑誌を読んで何かを感じてくれたなら幸いですが、目的は読み物を求めている人々に雑誌を届けることです。

この雑誌が映画のような娯楽として楽しんでもらえ、また、人生を変えた一本の映画のように「この映画のここのセリフが私の人生に大きな影響を与えているんだよね」というのと同じ立ち位置になってくれればと考えております。

 

(Timofee製作メンバー、6人で2015年夏に東ティモールを渡航)

 

(大学の講義がない深夜や休日に、メンバーで集まり作業をしていました)

 

3月中旬から、メンバーで再び東ティモールを渡航し、直接フリーマガジンを配布しようと計画しております。主に国づくりへの意識が高い大学生や政府の人々、そして読み物を求めている現地の方々に配布してきます!!

 

長くなりましたが、フリーマガジン「Timofee」へのご協力の方、よろしくお願いいたします。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

フリーマガジン「Timofee」:A4中綴じ48ページ

TimofeeHP:http://timofee.org/

Facebook  :https://www.facebook.com/timofee.freemagazine/

Instagram  :https://www.instagram.com/timofee_freemag/

紙面や内容についてHPで詳しく説明してありますので、是非ご覧ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

■□■□■□■□■□■□■ リターンについて ■□■□■□■□■□■□■


・現地配布を終えて製作するポストカード

 

・フリーマガジン「Timofee」の日本語版、テトゥン語版雑誌

 

・東ティモールの伝統織物「タイス」の商品(ポーチか筆箱を予定しています)

 

・東ティモールで有名なコーヒーのフェアトレード商品

 

・「Timofee」製作者の一員として、クレジットに名前を載せさせていただきます (希望者のみ)

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


最新の新着情報