クラウドファンディングも締め切りまで、あと6日に迫り、一気に皆さんの支援が増えてきました。本当に感謝しています。あと達成まで10万円少しに迫りました。改めてご支援をお願いします。

 

今日は、私の人とつながる理想的な形についてお話させて頂きます。

 

漣はさざなみと読みます。水が連なると書いて、私はレンと読んでいます。人との連携や繋がり連なることで、素晴らしく大きなことが出来ると思っています。

一人の力、能力には限界がありますが、少しずつ力を合わせて行けば、大きなことが出来ます。特に今の時代は、色々な問題があり、待機児童問題や非正規労働者で弱者が生活しにくくなっています。また、子供の貧困さによる諸問題も大きくクローズアップしています。

私一人で、これらの問題に立ち向かうことはできません。しかし、食を通じてひとつでも解決の方向に動ければと思っています。

 

波穏やかな湖面に石を投げ込むと、そこを中心に波が360度に広がっていきます。これが漣です。初めは小さな円ですが、それがだんだん大きくなっていきます。

私は、人も同じだと思います。

今回のクラウドファンディングで、消費者の皆さんに美味しくて安全で安心した食を飲んで頂き、食べて頂くことで幸せになって頂き、生産者の生産物のロスを減らす事で、収益につなげて、生産者のモチベーションを上げて、幸せになって頂きたいと始めました。

そして皆さんが興味を持ち、共感して頂く方が増えてきています。正しく、波穏やかな湖面に石を投げ入れて、漣が広がるように。

私は、食育エバンジェリスト(食育伝道師)と名乗っています。それは、食の大切さが皆さんの幸せにつながる為には、私が皆さんに伝えていかなければならないと思い、名乗りました。そして、伝えた方々が次の世代に伝えて頂けることが、私の夢にもつながります。

 

あと6日を切りましたが、一人でも多くの方にご賛同頂きたいです。

新着情報一覧へ