子どもころにいろいろなことがあって、
自分に全く自信がなかった私。

人前で表現することができなくなったき、
唯一の表現方法が「あみぐるみ」でしたo(^-^)o

 

 

 

私が生まれ育ったのは壱岐という島です。
大きな本屋さんもなければ手芸店もありませんでした。
(小さい毛糸屋さんはありましたよ)。
もちろん子ども時代はインターネットもありませんでしたので、
あみぐるみの作り方を調べることもできませんでした。

 

だから、
毛糸をどう編めば丸くなるのか、
どんな毛糸を使って、何号のかぎ針を使えば
思ったとおりの大きさ・デザインになるのか、
日々試行錯誤しながらつくり続けてきました。


そうやって子どもの頃から創造し、
独学であみぐるみをつくっていく作業は

とても楽しかったのです(d゚ω゚d)

 

あみぐるみにハマればハマるほど、あみぐるみはアートだと感じ、
そんな「アートであるあみぐるみ」を、
いつかはフランス・パリで販売してみたいと思うようになっていきました。

だって、パリは芸術家や表現者が集まるアートの街ですから(人゚∀゚*)


画家がフランスへ渡り挑戦する!なんて話をテレビで見たり、
本で読んだりすると、すごいな!と憧れ、
ワクワクドキドキしていたことを思い出します。

 

しかし、憧れてはいましたが、フランスは私にとっては遠い遠い国でした。
ネガティブな私があっけらかんとフランスに行くなんてありえないことでした。

 

 

 

 

それが今、パリに挑戦できるところまできています!
パリのピカソ美術館の近くのギャラリーを借りて

展示販売ができるっというところまできました。

 

ここまで来れていることに、

たくさんの方の支えや協力があること心から感謝しています。

 

 

 

そして私が挑戦しているクラウドファンディングも

本日12/21(金)までとなりました。
本日まで80名以上の方に、61万円ものご支援をいただき心から感謝しています。


応援メッセージもたくさんいただき、

ひとつひとつ読むと心が震え力が湧いてきます。

 

今回の私の挑戦に対して、
たくさんの方がfcebookに応援コメントをくださったり、
記事をシェアしてくださったり、
私をタグ付けして応援の投稿をしてくださいました。

こんなに応援していただけていることに涙が出るほどうれしく思いました。
改めて感謝いたします。

 

 


いよいよ今日で最後となりました。

締め切りは今日の23時までです。
お振込みを選択された方は15時までです。

 

 

 

 

最後までどうぞご支援・応援よろしくお願いします!

 

 

新着情報一覧へ