日本へ出発まであと2週間となりました。

日本とメキシコの伝統音楽の交流〜これを「一つの音楽で表現しよう」というコンセプトで、双方の子供達が数小節のメロディを作り、それを基に日本の作曲家、住友紀人さんが一つの音楽に仕上げて下さった曲を練習しました。
楽譜で見た時は、音符の多さに後ずさりしていたものの、実際に奏でてみると、和のハーモニーにみんな感激!「あ!ここは私が作ったメロディだ!」と発見したり、KotoやShakuhachiの楽器名を楽譜に見て、メンバーの気持ちも盛り上がり、とても充実した練習が出来ました。

 

日本に到着後の邦楽楽器とのご対面、そして合同練習もとても楽しみです🎶

 

この曲は、3月21日のコンサートでご披露しますので、どうぞご期待下さい!

 

 

新着情報一覧へ