雨の天気が続いたこともあり、オンラインビデオチャットで自主トレーニングの共有を行いました。

今回の参加者は、千葉、細野コーチ、福田PTに加え、脳梗塞リハビリセンター大宮の大沢PTも参加し、千葉が普段自宅で行っている自主トレーニングを披露するところから始めました。

 

身体の動きについて問題点と動き方の指導を行いつつ、問題の動きがどのようにして起こるのか、意見を出し合いながら進めていきました。

 

このような形式で行っている中でも、動きの改善はみてとれ、オンライン指導終了後、早速教わった成果を試したい千葉。

 

走ってみたところ、フォームの良さは本当に綺麗になってきていることが一目瞭然でした。学習した内容を着実に積み重ね、前進しています。

 

 

 

そして翌日、大宮センターでは、オンライントレーニングでの課題を反映したリハビリ施術が行われました。

 

<大沢PTのコメント>・・・・・・・・・・・・・

オンラインでのトレーニングでは、ご自宅で行って頂いている自主トレーニングの確認を行いました。ご自宅にある環境を上手く利用し、様々な活動をされていることに気づかされました。

 

股関節を起点に下肢を引き付けるトレーニングを行っていましたが右下肢では骨盤の挙上と膝関節の屈曲を強く利用し運動を行い、股関節を起点とした運動イメージが難しく、ご自身で行うとハムストリングスが硬くこわばってしまう状態でした。

 

そのため今後行う自主トレの内容として、まず自身の股関節(大腿骨頭)を触れながら、しゃがみ込む動作を行い股関節の運動イメージの作成し、その後同様の動作を行うと動作がスムーズとなっていました。

 

【大宮センターでの実施内容】

早速翌日の大宮センターでのリハビリアプローチに課題を取り入れた施術を行いました。オンラインで行った自主トレの確認をメインで行いました。指導内容は主に下記になります。

  • 股関節の運動イメージについて段階づけ(しゃがみ込み~四股踏み)したトレーニングの行い方
  • 下肢を引き付けるトレーニングもより効果的に行えるような環境と体の使い方

施術前日8キロ、施術当日20キロのトレーニングを行っていたため、非麻痺側に強い筋疲労を抱えており、初めての鍼の施術を受けて頂きました。下肢の張り感が軽減されており、今後も体調によって鍼の施術も取り入れていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このように、ITも活用しながら各方面のプロフェッショナルが、さまざまな壁を越えて協力しあい、成果につなげていきたいと思います。

この活動の事例、そして記録が今後、広く活用できるようにもしたいと思っています。

応援、どうぞよろしくおねがいいたします!

 

新着情報一覧へ