クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第3弾】僕らの夏休みProject~子どもたちに笑顔を~

勝畑大樹

勝畑大樹

【第3弾】僕らの夏休みProject~子どもたちに笑顔を~
支援総額
887,000

目標 700,000円

支援者
72人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年09月23日 20:47

終わりと始まり

  

こんばんは!
まず初めにみなさまにお知らせです!
9月28日に国立青少年オリンピックセンターにて活動報告会を行います。
https://www.facebook.com/events/1534245730121281/?ref_dashboard_filter=upcoming
今年の夏企画がどのような様子だったか、地域の方の反応はどうだったかなど、FacebookやTwitterではお伝えできないところまでお伝えしたいと思います。
よろしければ、ご参加ください!


さて、今回は子どもたちとのレクリエーションの様子を詳しくご紹介したいと思います。

これは磯鶏小学校で行った企画の中の水と片栗粉を混ぜるとできる〝ダイラタンシー実験〟の様子です。

 

 

初めて触れる不思議な液体に子どもたちは「なんでこうなるの〜?」「おもしろ〜い」と驚きや喜びの表情をくるくると変化させていたことがとても印象的でした。

この日はダイラタンシー実験の他にも、大きくて割れないシャボン玉など全部で4種類の“楽しく学べる科学実験”を行いました。

 

 

 

 

どれも子どもたちの好奇心を掻き立て、夢中になれる時間になったように思います。

小学校の先生方からは「3日間本当に大盛況でしたね!子どもたちが大学生と関わることは普段ないですから、貴重な時間になったと思います。」とお話ししていただいたり、「普段の学校より楽しそうに帰ってきて今日のことを話すんです。」と保護者の方からもわざわざ電話で報告をしていただきました。

交流企画では普段の生活だけでは見ることができないような笑顔をたくさん引き出すことができ、子どもたちにとっていつもとは違ったちょっぴり特別な夏休みを届けることができました!


そんな夏企画を大学生はどのように感じたのか。
夏企画後にメンバーが書いた感想文を一つご紹介します。
この感想文は夏企画直後に書かれたもので、感じたままの言葉が綴られていました。
今回は文教大学支部1年の平賀遥華です。

 

 

 私の夏企画は、悩むことから始まりました。

 

 仮設住宅、バスから見えたプレハブで出来たコンビニ、多くの工事現場、道の殺風景さ、それら全てが被災地というものを物語っていて、この場所で生活している子どもたちにどう接したらいいのかわからなくなりました。しかし、いざ子どもたちに会ってみると、恥ずかしがり屋さんがいたり、お調子者がいたり、おんぶやだっこが好きだったり...私が普段見てきた子どもたちと何ら変わりがありませんでした。時にはここが被災地だということを思わず忘れてしまいそうにもなりました。

 

 そんな時、一年生の女の子が見せてくれた短冊を見て、ハッとしました。そこには、「かぞくがみんなずっと元気でいっしょにいられますように」と書いてありました。こんなにも幼い子が、たったひとつしか書けない願い事に一番に家族のことを書くなど、普通は考えられないと思いました。昨日まで当たり前のようにいた人、もの、全部がなくなる。この子たちはやっぱりその光景を目のあたりにしてきたのだろうなと改めて痛感しました。その中でこの願いを持つことは仕方ないことかもしれません。それでも、彼らには自分の夢や自分が好きなこと、自分自身の人生を考えてほしいなと私は思いました。「大学生が子どもたちに夢を与えるきっかけになる。」僕夏の活動で何度か耳にした言葉でしたが、私はその時に本当の意味でその言葉を理解できたように感じました。夢・希望を与えるということは決して簡単ではありません。また、そうなるために自分が何が出来るのかわかりませんでした。

 

 それから自分なりに悩みながらも子どもたちの笑顔をずっと見ていたら、何も考えられないくらい「楽しい」時間を作るのが、今の私にできることなのではないかと思いました。来年は来れないんでしょ?再来年は?そんな言葉を子どもたちに投げかけられました。だからこそ、継続すること、「また会おうね」という約束を守ることの大切さを考えさせられました。一度だけ行って子どもとふれ合って笑顔にするだけで終わらせるのではなくて、その次の年も、その次の次の年も会って、再会に喜ぶ子どもの笑顔が見たい。それが、僕夏だからできることだと思います。

 

 夏企画は終わってしまったけれど、これが終わりではなく、始まりにしていきたいと思います。

 

 

今後も引き続き夏企画の様子をお伝えしていきます!

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー

支援者
18人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏公式サイトにお名前を掲載(任意)

支援者
54人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏オリジナルTシャツ1枚(全3種・ランダム)
*僕夏公式サイトにお名前を“大きく”掲載(任意)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

*お礼のお手紙・僕夏レポート
*僕夏活動報告DVD
*僕夏ステッカー
*子どもたちがつくる僕夏オリジナルエコバッグ
*僕夏オリジナル切手
*僕夏オリジナルTシャツ1枚(全3種・お好きな柄)
*子どもたちの笑顔がいっぱいの、僕夏オリジナルカレンダー
*岩手県宮古特産品セット
*僕夏公式サイトにお名前を“最も大きく”掲載(任意)

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする