READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

"靴"を通して、フィリピンの子どもたちの命を繋ぐ架け橋へ!

Bridge for Children,KGU(代表 櫻井瞳)

Bridge for Children,KGU(代表 櫻井瞳)

"靴"を通して、フィリピンの子どもたちの命を繋ぐ架け橋へ!
支援総額
101,500

目標 100,000円

支援者
26人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2018年12月12日 21:47

【誰かのために】

53de64946fe905c130abfdc53abfad6aa26089f2



はじめまして。4回生の吉村文です。この度は私たちBridge for Childrenが実施する、クラウドファンディングへのご協力をいただき、誠にありがとうございます。

私たちの活動は私たちだけで行えるものではないと再確認するとともに、ご支援いただいている方々へ改めて感謝いたしました。

さて、今回は私がBFCに入った経緯と国際協力への想いについて書かせていただきます。

私は関西学院に三年次から編入学いたしました。そこではこれまでとは違い、大きな大学でたくさんの学生がさまざまな活動をしていました。その中の一つが国内での活動に重きをおくBFCでした。

私は「誰かのために」の精神をもって、これまで生きてきました。中学高校では東日本大震災の被災者の方々への支援活動を行い、短期大学では国際問題などについて学ぶ傍らでさまざまなボランティアを行なってきました。その経験と学びを継続するために編入学をした私にとって、BFCはそれまでの学びを実践することができるチャンスがあると感じ、加入しました。

国内の小中高等学校で行う国際理解教育では自分の持つ知識と経験を、他者に伝えることの意義と難しさを感じます。そして生徒の皆さんに書いて頂いたアンケートを読み、想いが伝わったと感じた時は、国際協力の輪を広げることができたように思います。

靴の発送作業では、たくさんの靴を数えながらダンボールに詰めていくことで、靴を寄付してくださった方々とフィリピンの子供たちへの橋渡しの役割をしていることを実感し、「誰かのために」行動できていると感じられます。

約1年半のBFCの活動はさまざまな経験と新たな知識、学び、そしてより強い「誰かのために」という気持ちを与えてくれました。

4回生の私は就職活動を終え、来春から社会人となります。私が就職活動で軸として考えていたことは「誰かのために生きていきたい」ということです。もちろんボランティアだけで食べていくことはできません。

しかしどんな環境でも、「誰かのために」という気持ちを忘れたくないと思っています。
そしてこれから先、どれだけ忙しくなっても国際協力の輪から離れたくないと思います。

私一人にできることは決して多くはありません。でも人と人が協力し、その輪が広がれば、きっと世界は良くなると信じています。
だから私は「誰かのために」この気持ちをずっと持ち続けていきます。
一覧に戻る

リターン

500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ワンコインでの支援!

■お礼メッセージをメールにてお送りします。
■報告書をメールにてお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年1月

1,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

BFCの活動を後押し!

■直筆のお礼メッセージをお送りします。
■活動報告書をお送りします。
■セレモニーの写真をお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

子どもたちの笑顔を守る!

■直筆のお礼メッセージをお送りします
■活動報告書をお送りします。
■セレモニーの際の子どもたちの写真のアルバムをプレゼントいたします
■BFCが発行している新聞をプレゼントいたします

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年1月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全力でBFCを応援!

■直接のお礼のメッセージをお送りします
■活動報告書をお送りします。
セレモニーの際の子どもたちの写真のアルバムをプレゼントいたします
■BFCが発行している新聞とコラム集をプレゼントいたします
■メンバーからのサンクス動画を送ります

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年1月

プロジェクトの相談をする