はじめまして。こんばんは。

Bridge for Children, KGU 1回生の渡部美沙です。 この度は、BFCのクラウドファウンディングににご協力・寄付してくださり、誠にありがとうございます。

 

私がBFCに入ったのは今年の4月になります。

私は、高校生の時からフィリピンという国に関心を持ち、研究を続けてまいりました。実際に高校2年生の時にフィリピンに行く機会を学校からいただき、フィリピンの首都マニラへ行きました。事前にビデオや写真をみたり文書を読んだりして勉強していったものの、実際に五感で感じた現地は予想をはるかに超えるものでした。スモーキーマウンテンでは驚愕するほどの廃棄物の量に、一目で深刻なものとわかりました。しかしそれ以上に、周辺のスラム街の現状に息苦しさを覚えました。

その日を生きることに精一杯で、学校に行かず家事をし、ゴミをあさって日銭を稼ぎ、知識がないために貧困から抜け出せないという悪循環の縮図を目の当たりにした瞬間でした。貧困の中にあっても彼らは彼らの幸せを持ち、貧困という現状に満足を感じており、貧困=不幸という思い込みは傲慢な偏見でしかなかったことにも気づきました。

これらは、いくら幸せであったとしても許容できるものではありません。現地の人々が意識改革をし、今以上の幸福を追求するようにしなければ、格差問題の解決には繋がらないのです。

そんな格差問題の解決に少しでも協力したいという思いから、BFCの靴プロジェクトという日本からできる支援に魅力を感じ、活動に参加することを決意しました。

 

フィリピン、途上国についてのみならず国際交流経験が非常に豊富で、私生活や考え方までもしっかりと芯があり、頼れる先輩の中で活動をさせていただいております。毎度のプロジェクトやミーティングもBFCや自分を見つめ直すきっかけになっており日々、反省と成長を感じるばかりです。

今回のクラウドファウンディングも、初めての試みでしたが一回生でこのような素晴らしい結果に終われたこと、そして成功に導いてくださった皆様に心より感謝申し上げます。

新着情報一覧へ