READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

福岡の児童養護施設の子どもへの奨学金プログラムを開催します!

窪田広信

窪田広信

福岡の児童養護施設の子どもへの奨学金プログラムを開催します!

支援総額

168,000

目標金額 660,000円

支援者
26人
残り
終了しました
募集は終了しました
4お気に入り登録4人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年04月11日 11:42

カナエール福岡合宿報告.1

合宿開始

3月29日(土)10時過ぎ、福岡県内各所から、年齢・性別・職業が全く異なる約30名の人々が北九州市若松区にある「玄海青年の家」宿泊型研修施設に集まりました。
目的は、カナエール福岡2014スピーチコンテスト参加にあたりスピーチ原稿を作成するためです。

お天気はあいにく雨のち曇ですが、施設までの道のりに桜と菜の花が鮮やかに咲並び、福岡開催初の5名のルンジャー達の夢を応援してくれているかのようです!

☆合宿の始まりはアイスブレイクタイム
施設到着後、簡単なオリエンテーションで施設利用の注意事項を確認した後は、2日間の合宿を有意義に過ごすための簡単なゲームタイム。
この施設までの道のりは各チームで施設まで来るのがルールだったので、合宿までの連絡と施設までの道のりでチーム内の仲はすでに温まっているようでした。
さらに他のチームや参加メンバーとの親睦を深めるために、まずは名札作りから。その後、参加メンバー全員で簡単なゲームをいくつかやりました。
中でも数を数え合うゲームはなかなか上手く行かず、全員で何度も何度も挑戦するうちに皆の気持ちがひとつになりました。

☆ワーク①:「モチベーションの源泉」
昼食後は、本合宿で1つ目のワーク開始です。内容は「夢」について与えられた9つのテーマについて、最初の45分は自分と向き合いワークシートへ書き出し、その中でモチベーションが高まるものは何か確かめ、その後チーム内で共有しました。
ルンジャーもエンパワもお互いの夢を語り合うことによって、どんな夢を持っているかを知り、夢を受け止めてもらうことで、更に自分の夢への希望や自信が増したようでした。
共有しただけの時間が分かち合う時間に変わる、胸の奥に秘めていた思いが現れ、スピーチコンテストへの希望が見える、そんな姿が見られた時間でした。
15分の休憩後、モチベーションを高めてくれる夢について、なぜそれがモチベーションを高めてくれるのかについて考えを共有。また、それを聞いて各自どのように思うか共有しました。語り尽くすには、当初設定していた時間では足りないほどで、その姿は、支え、支えられる立場を超越した「同士」の姿でした。

 

☆ワーク②:3ストーリー
合宿2つ目のワークは夢をストーリーにする作業です。
ワーク①で書き出し語り合った夢の背景(夢を持った原点)を振り返り、行動(夢の実現に向けて)をイメージし、将来(夢が叶うとどうなるか)を考え、ワークシートへ書き出します。それは、スピーチコンテストの原稿に表しやすくする作業です。
先ほど夢を書きだした時とは打って変わって、言葉で表現することの難しさに、何度も書き直すルンジャーとエンパワメンバーの姿が見られました。


☆ワーク③:ヒーローインタビュー
合宿3つ目のワークは、夢が実現した日を想定し、記者のインタビューに答えるという内容でした。
必ず行う質問は3つ、どんな夢を叶えたか、夢を抱いた理由、夢の実現までに起きた大きな出来事でした。この3つの質問を元にワーク①で共有した夢を更に深く掘り下げて語り、聞ける時間は、夢を叶える意志が表情に表れ、真剣な表情の中に希望への笑顔も垣間見えました。
20分のインタビュー時間を長いと感じる程、夢への想いを具現化するのに苦しむ様子や、短いと感じるほど希望を持って話す様子や、インタビュー内容をまとめる難しさに困惑する様子などとても印象的でした。


☆島田さんのお話
夕食の後は、お忙しい中わざわざ大阪からいらしてくださった、島田妙子さんのお話を拝聴させていただきました。
2度の養護施設での生活を経験されている島田さんのお話は、養護施設に入ることとなった背景から、現在の家族に対する思いについて、生まれてきたことの奇跡、生きていることの意味などたくさんのお話をしてくださいました。
壮絶な体験を時にはユーモアを交えて、また時には愛を持って発せられ、聞くものの心にストレートに伝わり、深く入り込み、浸透していく。ルンジャー達がスピーチコンテストまでの過程で一番不安に思っていたことへの答えの一助になったのではないでしょうか。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

①感謝メール
②感謝状
をお送りします。

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加えて、
③カナエール・プロジェクト概要パンフレット
④カナエール・オリジナル漫画冊子
➄自立支援白書(2012年NPO法人ブリッジフォースマイル作成)

をお送りします。

支援者
12人
在庫数
制限なし

30,000

①~➄に加えて、
⑥カナエール福岡2014スピーチコンテスト入場券

をお送りします。

支援者
0人
在庫数
30

プロジェクトの相談をする