私 は1000年に1度と称された未曾有の東日本大震災を現実に仙台と気仙沼にて体験し、多くの知人や、勤務していた学校でのかつての教え子を予想だにしない 大津波により失いました。3.11は想定外の震災により、初動の避難指示が出遅れたり、避難するタイミングが遅れたり、様々な不測の事態が13000人を 超える被害者を出したのです。震災が起こることは現在は予測が可能なレベルになり、初動における早期の避難が生死を分けると専門家たちも力説するように判 断出来ます。運だけではなく、より安全に早期の避 難をしていただき多くの人類の命を守る目的でこの研究所と避難防護服を創作しました。今は亡き教え子達の遺体の状態を検証し、津波の実態や切創力、大 地震に伴う火災、火山の噴火などの避難を速やかにしていただくことで命を救うことが可能です。検証実験の記録もありますので、ご覧になってください。一般 社団法人 知的創作研究所は非営利団体です。一人でも多くの人命を守るための思索・提案を行っていきます。

新着情報一覧へ