8月15日よりスタートしたプロジェクトが30日目に目標金額である400万円を達成しました。ご支援くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

 

クラウドファンディングに挑戦する時点では、皆様にどれくらい応援いただけるのか、正直、不安でした。プロジェクトが成立しなければ、計画そのものを見直さなければなりません。古民家再生では、想定外のことが次々と発生します。当初設定した経費を超えて工事が必要になる場面もあり、悩みつつの進行・管理でした。

 

そして今、着々と準備が進む中で、最後の目標としてネクストゴール700万円を目指すことを決めました!

 

ネクストゴールを達成することで、膨れつつある工事費の補填、ウイルス・菌からの感染症対策として空間除菌脱臭機、自動洗浄機能付きエアコン、キャットタワー、猫階段、キャットウォーク、猫ボックスなど内装設備を充実させていくことができます。

 

これらの設備によって、猫の感染症の予防とストレスの管理を最大限に考慮した施設が出来上がります。全国にさきがけて「猫の殺処分ゼロ」を実現した千代田区から猫の福祉を考慮した空間づくりの実例を発信することにもなると考えています。

 

今、ちょうど準備をしている中で、東京など都市部でチェーン展開する猫カフェで猫パルボが発生し、猫が相次いで死亡するという事件が発覚しました。猫パルボウイルスは非常に感染力が強いウイルスで、感染・発症すれば、死亡率の極めて高い、恐ろしい病気です。

 

ひとつの空間で複数頭の猫を一緒に過ごさせるのであれば、感染症の予防とストレスの管理は欠かせません。

 

私たちは、「譲渡型保護猫カフェ」の開設を計画した時点から、獣医師の先生方からご教示を受けつつプロジェクトを進めてきましたが、パルボ発生の事件を聞き、よりいっそうの緊張感を持って、空間づくりを進めなければいけないと考えています。

 

みなさま、さらなるご支援・応援のほどよろしくお願いします。

 

もともと自己資金で補填をしようとしていた部分で、もし今回のご支援が集まれば、千代田保健所と連携・協力して保護・譲渡を進めている猫たちの医療費として充てさせていただきます。

 

皆様、さらなる応援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

2018年 9月12日 追記

一般財団法人ちよだニャンとなる会 香取章子・古川尚美

新着情報一覧へ