番外編 「かけっこ」に骨盤底筋体操

小児科の窓口から・・・SBNのみほぽんです。READYFORのカウントダウンが始まりました。ご支援頂いている35名または団体のみな様。375名のいいね!クリックをくださったみな様。5名のツィ―トをくださったみな様。ご支援に感謝いたします。みほぽんの新着情報、小児科窓口から・・・最後の投稿です。

 

 先週、SBNミーティングにて、新教材DVDを見ていた時の事。村井戦略&IT担当がつぶやきました。「骨盤底筋体操は、尿漏れ以外でも使えるの?そっちの方が興味持てるな!」男性らしいつぶやきです。

 

 週明けの水曜日。早引きをした小学校3年生の女子が、午前最後の患者さんで来院。ひどい腹痛で保健室から呼び出しがあったそうです。赤ちゃんの時からかかりつけ医にして頂き、最近はインフルエンザシーズンにたまに受診される元気な女の子です。性格も明るく「背が伸びたね。」と、声をかけるとニコニコ笑顔で答えてくれます。

 一般的に女児は腹部に女性臓器があり、あなどれません。吐き下しの流行り病・家族の状態・便秘・外傷・盲腸・泌尿器系をチェックしどれも所見がありません。

 3年生は、クラス替え学年。環境が変わると、たった9年間の人生。お友達関係で腹痛が起きることもあります。尿検査の結果が出る間おしゃべりしていたら、5月に運動会があるとの事。小さいときは活発な女の子だったので、「楽しみ?」と、聞いたら心なしか目を伏せました。

 ・・・おやおや~・・・?

 ママにこっそり「体育のある日や運動会の練習の日に腹痛が無いか?」と確認すると「呼び出しは3回目。そういえば、徒競争の全体練習の日ばかり。他の種目やダンスの全体練習日は呼び出しが無い。」の情報。

 徒競争が嫌で、腹痛が起きるかも。でも、本人に直接聞くと心をとざすかもしれません。そういえば、小さい時ピーターパンの舞台を観て感激。待合室にその絵本が無いのはなぜ?と聞かれ、絵本を補充した事を思い出しました。

 「ねえ、小さいときピーターパンのミュージカルみて空飛びたいて云ってたよね。体が軽くなる走り方知ってる?検査結果が出るまで時間かかるからやってみる?」と、おさるのジョージくんのぬいぐるみとタオルを使い説明。これは、手術前に子どもに何をするかを年齢に応じて説明し緊張を和らげる視覚説明手法です。

 股間にシーツを挟み、待合室のベンチからシーツの両端を持ち上げるようにサポーターが移動します。こうすると、本人は体が浮いた感覚になり脚が臍から伸びように、自然にタッタカ歩けます。歩幅も広がります。舞台のピーターパンの助走のように走れます。

 股関節に問題が無い障害児の歩行練習、健常児の体育の指導教材図解にも載っています。股間にシーツを挟むのが恥ずかしい年齢だと難しいのですが、幸い待合室には誰もいません。照れる女の子の前で、ママが「やってみます。」とトライ。

 「エ~うっそ!!!体が浮くんですね。」と、はしゃぎました。はしゃぐママを見て女の子も「やりたい。」と体験。目がキラキラに輝きました。

 これは、骨盤底筋を軽く締め引き揚げる骨盤底筋体操のかわりにシーツがその役割をはたしています。直接見えない骨盤底筋を体感経験できます。移動速度を速くすると小走り状態に自然になります。舞台のピーターパンが空中に飛び立つ前の助走にそっくりの姿勢で走れます。

 今度は、SBN特注のキャンディーピンクのギム二クボールに座ります。1分フラダンスのように腰を振ったり弾んだり。そして、ベンチに座ると「へんなの~。シーツのフワフワ歩きに似てる!」これも、見えない骨盤底筋を体験的に体感できます。

 そうか、「シーツのフワフワ歩き」。お見事、この子の命名です。

 そうこうするうちに、尿検査の結果も出て、問題なし。「ママの美味しいお昼ご飯を良く噛んでゆっくり食べたら、お腹治りそうだね。」と、帰宅しました。

 

 夕方、ママだけ再来院。昼食後、シーツのフワフワ歩きで遊んだら「早く走れそう。」と、云ったそうな。ピンクボールを女児が欲しがり、ママもぽっこりお腹に良さそうと買いにいらっしゃいました。

 そして、本日の昼休み。ママから嬉しい電話がありました。きょうは、午前中に徒競争の全体練習が体育で予定されていた日。でも、呼び出しは無かったそうです。かけっこのコツがすこしわかったのかもしれません。

 運動会が楽しみになれば嬉しいです。シーツのフワフワ歩き・キャンディーピンクボールで嫌い(かもしれない)かけっこが、苦痛の時間でなくなることを願います。

 

 さて、このギム二クボール。スイスの小児病院でリハビリテーション用に開発され、現在イタリアで製造されています。

 当初子どものリハビリは辛く、泣き声が付き物でした。少しでも楽しく継続出来るようにと、子どもの認識しやすい赤・黄・青の3原色。手に取った時ほっとする、子どもの大好きなメープルシロップの香りをほどこしていました。

 このボールの良さがフィットネス大国アメリカで認められ、色も素材もバージョンアップし日本に入ってきました。

 SBN岡橋代表は、ピンクリボン活動を意識しキャンディーピンクのボールを特注。今回、ボールが含まれている引換券の方。もうすぐお手元に、SBN特注キャンディーピンクボールが届きます。是非、ご活用下さい。

 

 私共のキャラバンセミナーが、今月末からスタートいたします。一人でも多くのみな様に、骨盤底筋の大切さをSBNチューターのキャラバンセミナーで体感して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています