READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

愛媛で美味しく障害者支援するエイブルクッキーBOXを作りたい

野本 英教

野本 英教

愛媛で美味しく障害者支援するエイブルクッキーBOXを作りたい

支援総額

562,000

目標金額 500,000円

支援者
45人
募集終了日
2014年11月18日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2014年11月16日 20:15

原点回帰

残り2日となりました。

 

昨日福祉は、おもいっきり人に関わる仕事で、感謝される仕事と書きました。

 

その後布団の中で思いだしました。

 

それは私が福祉を始めたきっかけ。

 

もう20年近く前になりますが、横浜にある養護老人ホームでボランティアをしたのがきっかけです。

 

当時(訳あり)友人宅に居候の身でした。

 

夜はコンビニの手伝いに入っていたのですが、日中は暇を持て余していました。

 

そんな時目に入ってきたのが、(近所にあった)養護老人ホーム。

 

ボランティアでもやってみようかと思い、電話すると「来てください。」とのこと。

 

掃除の手伝い、話し相手、時に車いす押しなどを行っていました。

 

ある時、入居者の方を部屋まで手を引いて連れて行くことがありました。

 

部屋まで行くとその方から「ありがとう」と言われました。

 

その「ありがとう」が何故かジ~ンと響いたのです。

 

これまでの仕事(メーカーでの営業・メンテナンス)で言われた「ありがとう」と、ここで言われた「ありがとう」。

 

同じ言葉なのだけど感激度が全然違っていたのです。

 

「何かいいかもしれない!福祉の仕事やってみよう。」そう思ったのが始まりです。

 

元々爺ちゃん、婆ちゃんっ子だったので、その後は現場でスイスイと…「こりゃ天職かも」と思いつつ…。

 

私の福祉はあの時の「ありがとう」という言葉から始まったわけです。

 

 

 

そして現在。

 

直接「ありがとう」という言葉を聞くことはあまり無くなりましたが、今度は障害者の分野でより大勢のために!

 

きっと福祉第2弾も天職に違いない(福祉そのものが天職なので!)と思っております。

 

エイブルクッキーデリバリー(から始まる大きな夢)は、あの「ありがとう」という小さな種から芽が出て咲いた花のひとつかもしれません。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

サンクスレター
エイブルクッキーセット

支援者
31人
在庫数
制限なし

10,000

alt

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ
障害者施設で作られたマグネット等小物数点

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000

alt

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ
障害者施設で作られたマグネット等小物数点
エイブルクッキーボックス

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000

alt

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ(2セット送ります)
障害者施設で作られたマグネット等小物数点(30,000円のものより多め)
エイブルクッキーボックス

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

alt

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ(4セット)
障害者施設で作られたマグネット等小物数点(50,000円のものより多め)
エイブルクッキーボックス(2個)

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする