ついに公開終了まで、残り1週間になりました。

公開期間中、本当にたくさんの方々から温かい、ご支援、応援メッセージをいただき、このプロジェクトが、たくさんの方々に支えられて実行できていることを、痛感しています。

改めまして、ご支援、応援いただいた方々に、心より感謝申し上げます。

 

さて、本日も現地調査のため、支援地域を訪問しました。

本日訪問した、「タナウアンセントラル2小学校」では、未だに校庭が避難所になっており、間もなく新学期を迎えますが、避難所の移転計画などは全く立っていません。

 

(校庭は、たくさんのテントで埋め尽くされています)

 

まだまだ被災地では、支援を必要としている地域、人々がたくさんいます。

私たちがすべてを支援することはできません。

しかし、このプロジェクトで「カボイナン小学校」を再建し、日本とレイテ島の交流拠点を築くことで、今後も継続的に被災地を支援していくことができます。

プロジェクトは既に動き始めています。

一日も早く、子供たちが安心して学べる教室を再建したいと思います。

 

(カボイナン小学校の現在の様子)

新着情報一覧へ