READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-

田村民子

田村民子

消えゆく伝統芸能の道具を復元したい -伝統芸能の道具ラボ-
支援総額
716,000

目標 700,000円

支援者
67人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年03月09日 18:09

活動報告あれこれ

みなさん、こんにちは。「伝統芸能の道具ラボ」の田村民子です。しばらくご無沙汰しておりまして、すみません。東京では、この1週間でいっきに春になりました。今年の冬は寒かったので、急に気温が高くなりなんとなく身体が重たく、だるい感じです。みなさんは、大丈夫でしょうか。今日は、いくつかご報告やお知らせをしていきます!

 

かんざし

(写真は、歌舞伎で使う金属製のかんざしです。このかんざしについては、以下でご紹介する「活動こぼれ話」のなかで、詳しく書いています)

 

【来週から滋賀と京都へ調査に行ってまいります】

手仕事については京都がやはり頼りになりますが、滋賀(近江)もいい職人さんがたくさんいらっしゃいます。近年、近江に興味が湧き、文化史なども調べてみていますがとっても魅力的です。今回は、邦楽器の素材などについて調査してみたいと思っています。

 

【歌舞伎の櫛の復元・進捗】

去年の春ごろから、公の研究所と連携をする道をさぐってきましたが、いろいろ芳しくありません。3月5日も、床山の親方さんと2人で出向いて、今後の進め方を話し合ってきました。少し方向転換をすべきか、今月末にもう一度、親方さんと検討することにしています。なかなかみなさんにいい成果をご報告することができなくて、すみません。どこかの大学と連携するなど、他の道もさぐってみたいと思います。なにかアイデアがある方は、ぜひお寄せください!

 

【3月のイベント情報】

3月はいろんな方から声をかけていただいて、イベントに出演させていただきます。もしもご興味があって、ご都合がつくようでしたらぜひおでかけください。そして、声をかけてくださいね。

 

伝統芸能の道具ラボ 「イベントお知らせ」ページ

 

1)3月14日(木)「小さな道具シンポジウム」(京都・法然院)

以前京都で行った講演を聞きに来てくれた京大の学生さんが企画してくれました。場所は法然院さんです。法然院は憧れの場所でもあり、そこでお話ができることがとてもうれしいです。学生さんによる「道具についてのミニ発表」もあるそうで、私自身とても楽しみにしています。

 

2) 3月19日(火)「心に響く記事を書くための取材術」(東京)

NPOなどのコンサルをされている会社が企画してくれました。これまでのライターとしての仕事や取材のノウハウ、そして取材活動を通じて現場の課題を発見して「伝統芸能の道具ラボ」の活動をはじめたことなどを地続きでお話してみたいと思っています。

 

3)3月22日(金)「無形文化に魅せられた3人の愉快なトークショー」(東京)

無形文化とものづくりをテーマに活動されているEDAYAが開催する展覧会のイベントに出演します。フィリピンの無形文化を扱うEDAYAの代表、日本の郷土芸能に詳しい方、そして日本のハイカルチャーとしての能や歌舞伎という無形文化をフィールドにする私の3人で、いろんなお話をしていきたいと思っています。交流会もあります。

申し込みフォーム 

 

【「活動こぼれ話」のページ】

「伝統芸能の道具ラボのWebサイトに「活動こぼれ話」というページをつくりました。日々の出来事や、ふと考えたことなどを自由に書き綴っています。よろしければご覧くださいませ。

活動こぼれ話

 

***

調査と研究をガンガンやりたいところなのですが、今は、資金調達の方法など苦手な「運営」「資金」の計画をコンサルさんにおしりをたたかれながらやっています。調査は平日の昼間に動かなくてはならないことが多いため、フルタイムの仕事をすることができず、自己資金で運営することが限界に近づいています。少しずつですが成果もでてきていますので、寄付を募るか会員制度をつくるなど、ファンドレイジングを行いたいと思っています。

みなさんには応援ばかりをお願いしていて心苦しいのですが、ご支援をお願いできたらと思っております。どんな風にしたら、支援する方にとってもいいものになるか? 今必死で考えております。プランがまとまりましたら、またお知らせをさせていただきたいと思っています。

 

もうすぐ3.11から2年ですね。私は被災地支援は行っていませんが、今の私が一番やるべきことは「文化支援」だと思っています。すごく遠まわりになりますが、めぐりめぐって被災地の方への支えになると信じています。

 

長くなりましてすみません。いい春を過ごしましょう。

 

「伝統芸能の道具ラボ」田村民子

http://www.dogulab.com/

(Webもたまには見ていただけると嬉しいです!)

一覧に戻る

リターン

3,000

*お礼のハガキを送付&本プロジェクトの活動報告書(PDFデータ)をメールで配信。
活動報告書にお名前を記載(希望者のみ)。      

支援者
12人
在庫数
制限なし

5,000

*上記1点に加え、オリジナル「組紐職人が手作りしたストラップ」をプレゼント。

支援者
44人
在庫数
制限なし

10,000

*上記2点に加え、活動報告会&ブレスト大会(2012 年 11 月 11 日(日)、東京・
自由が丘にて実施予定)にご招待。

支援者
16人
在庫数
制限なし

50,000

*上記3点に加え、兵児帯(へこおび 男女兼用 絹 絞り染め)をプレゼント。

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする