キリマンジャロ山での取り組みにご理解、ご協力をいただいているみなさま、いつもあたたかいご支援を賜り心よりお礼申し上げます。

 

すでにご報告しております通り、当会は3月18日までの約1ヶ月間、プロジェクトのフォローのためキリマンジャロ山入りしておりました。タンザニアでは4月から本格的な大雨季が始まり、この時期は植林の実施に向け、各村と最終的な実施計画の詰めを行う必要があります。

 

村の苗畑で苗木の数を確認しています('17年3月撮影)
村の苗畑で苗木の数を確認しています('17年3月撮影)

 

現地ではまず、それぞれの苗畑の状況を把握するため一つ一つ村を訪ねて回ります。そして村長さんや苗畑を管理している村の環境委員会のメンバー、苗畑グループの人たちと一緒に、樹種別に計画通りに苗木が育てられているか、植えるのに十分な大きさに育っているか、苗木の健全性はどうかといったことを確認していきます。問題があればその場で原因や対応状況を聞き取り、それらの結果をもとに彼らと打ち合わせを行い、植林計画の達成のために必要な対策と具体的実施プランを確定させます。

 

苗畑で問題点の聞き取り中('17年3月撮影)
苗畑で問題点の聞き取り中('17年3月撮影)

 

しかし今年は昨年末の小雨季にほとんど雨が降らなかったことからどの村も水不足に陥っており、苗木が次々と枯れてしまい、植林も計画達成が危ぶまれる状況でした。不足する苗木は山引きの実生苗を使って対応することで何とか目処はついたのですが、キリマンジャロ山で減り続ける降雨に、村人たちからは「このままだとどうなってしまうのだろう」と不安の声が漏れてきます。

 

キリマンジャロ山の麓、モシの町での降雨量の変化。
キリマンジャロ山の麓、モシの町での降雨量の変化(2017年は1月現在まで)。年間総雨量、小雨期の雨量とも減少しており、こうした状況に歯止めをかけようと、キリマンジャロ山の住民たちは植林に立ち上がりました。

 

今回の小雨期の降雨不足は何もキリマンジャロ山に限ったことではなく、タンザニア全土、隣国のケニアまで含む広範なものです。その意味でキリマンジャロ山にだけ何か特別な原因があるといえるものではありません。しかし数多くの枯れた泉、水を失った給水パイプラインを目の前にすると、キリマンジャロ山の森林回復にもはや一刻の猶予もないことを強く感じます。

 

このクラウドファンディングでは、今大雨季、キリマンジャロ山の森林に沿う40の村々(モシ県)が連携し、地域が一体となって取り組む初めての植林を実施しようとしています。これに隣のロンボ県からも、今後の連携を打診する声が上がってきています。

 

森を取り囲む村々による「キリマンジャロ山の森林の統一的指針に基づく一体管理」は、彼らが感じている不安に具体的にどう対処していくか、地域が導き出した答えだと言えます。それは過去政府による曖昧で不統一な森林管理政策が森林の劣化を招いてきた反省に立ち、キリマンジャロ山でのあらたな森林保全・管理のあり方を示した地域の知恵だと言えるでしょう。

 

このプロジェクトは、その知恵を実現する第一歩となります。

クラウドファンディングが達成できますよう、まわりの方にもお知らせいただければ誠に幸いと存じます。よろしくお願い致します!

新着情報一覧へ