READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

エボラ出血熱からシエラレオネを守るために必要な物資を届けたい

Kaori Suzuki

Kaori Suzuki

エボラ出血熱からシエラレオネを守るために必要な物資を届けたい
支援総額
509,000

目標 1,000,000円

支援者
68人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年11月20日 01:04

【残り3週間!】行動を起こすということ。

世界には数え切れない程たくさんの問題があって、紛争、飢餓、貧困、そして感染症が人々の命を、そして人生の選択肢を奪っています。
私はたまたま日本に生まれました。きれいな水が飲める。一日に三度食事ができる。道端を歩いていて銃弾に倒れることもないし、病気になったら病院で治療を受けることができる。そのどれもが、当たり前のようで当たり前ではないことに気付いた時、私は愕然としました。シエラレオネは長らく紛争が続き、子ども兵士の徴兵や市民に対する残虐行為など人権侵害が横行した国です。約10年間続いた紛争が2002年に終わり、漸く国を立て直す時期に差し掛かっているまさにこの時に、エボラ出血熱の感染が拡大し人々を恐怖に陥れたのです。
私がもしシエラレオネのように医療制度が整っていない国で生まれていたら?エボラ出血熱のような感染症で、家族を、親戚を、友人を亡くしたら?想像するだけでも恐ろしいことなのに、今この瞬間にもエボラ出血熱の恐怖と闘っている方々が数え切れないくらいいるのです。
私はシエラレオネに行ったことがありません。現地で即戦力となる医療従事者でもありません。でも、今回のプロジェクトの実行者であり私の親友であるフランチェスカと、もう一人の大切な友人の故郷であるシエラレオネのため、行動を起こし続けたいと思っています。
もし私達のプロジェクトの趣旨にご賛同頂けましたら、ぜひご支援や、本プロジェクトページの拡散にご協力頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

(プロジェクトメンバー: 鈴木香緒理)
一覧に戻る

リターン

3,000

3,000円の支援で、非接触式温度計を1つ購入することができます。

1:サンクスレター
2:プロジェクト報告書

支援者
41人
在庫数
制限なし

10,000

10,000円の支援で、5パックの使い捨て防護用マスク、7人分の使い捨て防護用手袋、7人分の使い捨て防護用エプロンを購入することができます。

1、2に加えて、
3:シエラレオネの生活を紹介するアルバム

支援者
23人
在庫数
制限なし

30,000

30,000円の支援で、5パックの使い捨て防護用マスクと7人分の使い捨て手袋、7人分の使い捨て防護用エプロンを購入し、消毒用手洗い場を10箇所作ることができます。(蛇口付バケツ×10, 消毒用塩素×10)

1~3に加えて、
4:Batik(シエラレオネの伝統工芸品)

支援者
4人
在庫数
6

プロジェクトの相談をする