READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

ネットを信頼できる場所に。フェイクニュース調査プロジェクト

ネットを信頼できる場所に。フェイクニュース調査プロジェクト

支援総額

1,260,000

目標金額 1,000,000円

支援者
87人
募集終了日
2017年8月22日
プロジェクトは成立しました!
15お気に入り登録15人がお気に入りしています

15お気に入り登録15人がお気に入りしています
2017年07月27日 11:22

偽の画像、簡単に見分けられますか?海外研究によると…

日本国内でフェイクニュースの問題に取り組むにあたって、海外での様々な事例も参考にしています。今回紹介するのは、偽画像の見分け方。英ウォーリック大の最新研究によると、そうした画像を見分ける人々の能力は「限られている」といいます。

 

研究チームはまず、人物が写ったオリジナル画像と、手を加えた画像の2種類を見てもらいました。すると、正しく見分けられた確率は62パーセントでした。次に、写真のどこが変えられているかを当ててもらう実験では、正解率は平均45パーセントでした。下のグラフは、写真から何かを削除した場合や、影を加えた場合など5パターンの「改ざん」について、人々が見つけられた割合を示しています。

 

http://cognitiveresearchjournal.springeropen.com/articles/10.1186/s41235-017-0067-2

 

日本でも、昨年の熊本地震では「動物園からライオンが逃げた」とのデマが写真とともにツイッターなどで拡散しました。また、東武東上線で起きた脱線事故の際は、テレビ局が海外の画像を実際の現場写真だと誤って放送したこともありました。

 

「自分に限って、偽物の画像にだまされたりしない」と思うでしょうか。同研究では、写真に興味があったり、世の中には偽物の画像が出回っていると認識している場合でも、そうした画像を見分ける能力が高いという「強い証拠は見当たらなかった」としています。

 

研究は、捏造された画像がソーシャルメディアなどにはびこっていることを考えると、「人々が日常生活の中で頻繁にだまされてしまう懸念がある」と警告しています。

 

私たちは、こうしたインターネットの信頼性を高めていくためのヒントになる海外の取り組みも参考にしながらプロジェクトを進めています!

 

 

<英ウォーリック大の研究論文はこちらです>

 

 

一覧に戻る

リターン

5,000

alt

プロジェクト応援コース|お礼の気持ち

・サンクスレター
・フェイクニュースプロジェクトステッカー

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

10,000

alt

フェイクニュースガイドPDF版

・サンクスメール
・フェイクニュースガイドPDF
* ご支援いただいた方のお名前をガイド内にクレジットいたします。

支援者
57人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

フェイクニュースガイド 印刷版

・サンクスレター
・フェイクニュースプロジェクトステッカー
・フェイクニュースガイド印刷版
* ご支援いただいた方のお名前をガイド内にクレジットいたします。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

特別メディアリテラシー講座

・サンクスレター
・ガイド印刷版
・メンバーによるフェイクニュースに騙されないためのリテラシー講座60分

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

フェイクニュースに関する研修2時間

・サンクスレター
・ガイド印刷版
・メンバーによる邦訳したガイドを使ったフェイクニュースに関する研修2時間

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

プロジェクトの相談をする