記者時代の後輩で、現在はロイター通信ニュースレポーター・キャスターとして活躍する吉田まゆさんが、プロジェクトへの応援メッセージを寄せてくれました!

 

 

信憑性の低い記事が気軽にSNS上でシェアされていたり、「マスコミが報じない」というキャッチーなタイトルだけで拡散される記事が増えていたり…フェイクニュース問題は普段から気になってはいました。ただ、より身近な問題として感じたきっかけは妊娠でした。

 

初めての妊娠で分からないことが多く、まずはネットで「妊娠+食べてはいけない・やってはいけない」のキーワードを検索すると、出るわ出るわ妊婦NG集。仕事柄、情報源を確認することは癖になっていたはずなのに、何となくスマホで気軽に調べた情報を鵜呑みにし、自分の行動範囲や食事に制限をかけていました。それが数週間続くと段々苦しくなる。嬉しいはずの出来事なのに、苦痛にさえ思っている自分に気付きました。

 

そこでよくよくネット上のマタニティ情報を読み返すと、その多くがデータも根拠もない。ならば海外の文献にあたろうと英語で検索すると、違う統計やデータが出てくることがありました。日本語ではNGとされていたことを逆に推奨していることもしばしば。もちろん、英語なら何でも信頼できる訳ではないですが、自分がネットで接する情報がすべてではないと感じました。

 

より正確な情報を自らリサーチする大切さを痛感する中、このプロジェクトに出会いました。 今までたくさんのプロジェクトを成功させてきた耳塚さん達への信頼と期待を寄せて、微力ながら応援させていただきました!

新着情報一覧へ