READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

沖縄の離島から15歳で旅立つ子ども達と語り愛!夢を創る!

玉城 征也(学生団体学生+)

玉城 征也(学生団体学生+)

沖縄の離島から15歳で旅立つ子ども達と語り愛!夢を創る!

支援総額

496,000

目標金額 351,000円

支援者
58人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年01月28日 19:49

学生プラスとは・・・

こんばんは。

学生団体学生プラスです。

ご支援ありがとうございます。

日々、支援者の皆さんからのメッセージや「いいね」や「シェア」「ツィート」等々、パワーと元気をもらっています。

本当にありがとうございます。

私たちは、15の春を迎える離島の中学生のじりつ(自立・自律)支援、進学支援活動及び離島から進学により本島に出てきた高校生の目的意識形成活動を行い、大学生や専門学生を活動に巻き込むことで「島に貢献・還元できる人材循環モデル」構築を目指して活動を行っています。

私たちの団体は、高校進学と共に15歳で島を旅立ち、親元を巣立った「15の春の経験者(当事者)」によって結成されました。

彼は、高校・大学と葛藤や挫折がありながらも様々な「出会い」の中で自分自身をみつめ、自分自身だからこそできることを通して、力になってくれた方々に恩返しの意味も込めて活動をはじめました。

『こんなに輝いている人が世の中には沢山いるんだ・・・。この人たちにもっと早く出会っていれば、僕も違う人生を生きていたかもしれない・・・。そうだ、島のこども達にこのキラキラ輝く人たちとの出会いの場をつくろう!!』

ここから、この活動がスタートしました。

 

 

「島にいる後輩たちに素敵な大学生たちとの出会いの場をつくりたい」

「島にいる後輩たちの夢を応援したい」

「同じ離島出身者として、この早期じりつをチャンスにかえてほしい」

そんな思いをもって、4年前に、仲間たちと一緒に立ち上げた学生プラスは、現在、その「想い」を引き継いだ私たち3代目が活動を行っています。

高校生の時に、当団体のプログラムを受けた離島出身者の大学生が、「わたしにできることをしたい」一緒に活動をしてくれるようになりました。

ボランティアスタッフとして島出身の大学生たちが、同じ境遇のこどもたちの夢を応援する為に、私たちと一緒に島に足を運び活動を共にするようになりました。

「大学生と話をして、私でも大学いけるということを知りました。がんばります。」という中学生に出会いました。

「誰にも話さなかった夢を話せてよかった。」と言ってくれた中学生に出会いました。

「私も学生プラスと活動をしたい!」と言ってくれた高校生に出会いました。

「わたしの子供が家で大学の話をするようになりました」というお母さんに出会いました。

この活動を通して、離島のこども達の夢を応援をする活動を通して、たくさんの出会いの中でたくさんのストーリーをみてきました。輝く笑顔に出会ってきました。

 

大して特別な活動ではないかもしれない。

どこか新しい取り組みをしているわけでもない。

でも、高校や大学が無い島がある。「必要としているこども達」がそこにはいる。だから私たちは「出会いの場」「夢について語り合える場」を届けたい。

大学生だからこそできること。大学生だからこそできないこと。

 

学生プラスのFacebookページです。毎日情報発信しています。

もしよろしければお立ち寄りください。

https://www.facebook.com/gakuseiplus.okinawa

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

感謝。

一覧に戻る

リターン

3,000

①ポストカードに一言添えて
②活動報告ページに名前掲載

支援者
22人
在庫数
制限なし

5,000

①ポストカードに一言添えて
②活動報告ページに名前掲載
③次年度の年賀状の送付
④情報誌の送付

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000

①ポストカードに一言添えて
②活動報告ページに名前掲載
③次年度の年賀状の送付
④情報誌の送付
⑤島特産のお菓子(300円程度)
⑥島特産、お土産品(1品)

支援者
17人
在庫数
制限なし

20,000

①ポストカードに一言添えて
②活動報告ページに名前掲載
③次年度の年賀状の送付
④情報誌の送付
⑤島特産のお菓子(300円程度)
⑥島特産、お土産品(1品)
⑦島特産、お土産品(1品)

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする