READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
達成

【FIP】猫コロナウイルスの病に罹ったグミを助けたい

グミねこFIP闘病中

グミねこFIP闘病中

【FIP】猫コロナウイルスの病に罹ったグミを助けたい
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月5日(月)午後11:00までです。

支援総額

605,000

目標金額 600,000円

100%
支援者
89人
残り
5日

応援コメント
亀岡 洵弥
亀岡 洵弥21時間前クラファン達成されたとのことですが、少しでも治療費のお役に立てればと思い、支援させていただきます。 グミちゃんの全快を心よりお祈りしております。 そ…クラファン達成されたとのことですが、少しでも治療費のお役に立てればと思い、支援させていただきます。 グミちゃんの全快を心より…
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月5日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

 

初めまして。数あるプロジェクトの中から見て下さってありがとうございます。

 

 

私たちはスズキ♂とエム♀とグミ♀の3人で暮らしています。

 

 

初めてのプロジェクトで右も左もわからず文章がおかしいかもしれませんがご了承ください。

 

 

グミは去年の2021年の12月24日のクリスマスイブという素敵な日にうちに来てくれた大切な子です。

うちにきたのは保護猫譲渡会がきっかけでした。

 

譲渡会参加時のグミの自己紹介カードです。

保護主様よりいただきました。

 

 

 

 

 

うちにきて4日目のグミです。

 

 

足の上にのるグミ

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

グミを迎えいれてから何事もなく幸せな日々が続いていました。

すくすくと成長してくれて、このまま10年先も20年先も、少しでも長い間一緒にいたいと思っていた矢先にグミの様子がおかしくなっていきました。

 

 

 

 

グミを迎え入れてから半年経とうとしていた6月5日、朝起きるといつもごはんをねだるグミの姿がありませんでした。グミを探すと押し入れの中でぐったりした様子のグミがいました。

 突然の事で、パニックながら急いで近くの動物病院で診てもらいました。

その日は血液検査と解熱剤を打ってもらったのですが、原因がわからず、また1週間後に検査をしてもらうことになり、抗生物質と肝臓の数値を下げる薬を処方してもらい帰宅しました。熱は下がり、元気になったのですが血液検査の数値が下がらず、通院し、毎日薬を飲むことに、、、。

 

 

 

 

 

9月にはいってすぐのことでした。なんとなく元気がない様子でご飯もあまり食べなくなりました。2.3日様子を見ていたのですがよくならず病院へ。エコーをとってもらうと腫瘍ができていました。リンパ腫かも知れないということで、細胞診をしてもらいました。その結果と今までの経緯を加味するとFIPの可能性が高いと診断され、FIPという病気について説明を受けました。

 

その病院では、インターフェロンとステロイドを使った延命的治療しかできないことを聞かされ、絶望的な気持ちで帰宅しました。現在の日本では、FIPの有効な治療法はないということになります。

 

 

毎回過呼吸みたいになりながら嫌がるグミを病院につれていって、毎回採血や検査を痛がるグミを見ている事しかできない。

そして処方された薬を無理やり飲ませて、全部治ると信じて続けたことなのに傷つけるばかりで、悔しくて情けなくて、涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

さらに調べると、積極的にFIPの治療してくれる病院をいくつか見つけたので、行くことにしました。その病院でまた血液検査、エコー、PCR検査をしてもらうとやはりFIPの可能性が高いと診断されました。

 

 

猫コロナウイルス陽性反応(+)

猫コロナウイルス抗体価 6400倍(++)

エコー検査にて腎臓にリング状の影あり

 

 

※動物病院から掲載許諾を得ています

※病院様の意向により病院名隠しております

 

 

saa 炎症反応が正常4.9ですが225オーバー40倍以上の数値となっています

※動物病院から掲載許諾を得ています

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

 

 

 

●FIPの症状

 

症状は、「ウェットタイプ」「ドライタイプ」「混合タイプ」の3つに分類されますが、どのタイプも、 主な初期症状は、発熱食欲低下など、初期の段階では気づきにくい病気です。 多くの場合、治療への反応が悪く、診断後、数日から数ヶ月で急変してしまうとても恐ろしい病気です。

 

※動物病院からいただいた資料です。

掲載許諾を得ています。

 

 

 

 

このFIP(猫伝染性腹膜炎)の治療に必要である薬は先ほども述べた通り国内ではまだ認可されておらず、錠剤1粒あたり6000円と非常に高額な薬となっております。グミに必要な薬の投与量は1日あたり2.5粒となっており連続で84日間毎日、同じ時間に投与しないといちからやり直しとなってしまいます。

 

 

グミはドライタイプなので130mmg、

今の時点では、体重3.8kgの猫は1日2.5粒となっており薬代だけで1万5千円/日10万5千円/週となっており、84日間すべて飲ませるためには薬代だけで126万円かかる見込みであり、今後の体重の増加に伴っても投薬量が増量するため、さらにかかる見込みであります。それに加えて血液検査や通院費を合わせると、150万円ほどかかると考えております。

 

※動物病院からいただいた資料です。

掲載許諾を得ています。

 

 

エムが看護学生なため聴診器、血圧計で遊ぶグミです。

 

 

9/23〜投与開始

8日分の処方です。

 

※動物病院より掲載許諾を得ています。

 

 

追記

 

9/30

FIP投与の1週間検診でした。 

 

1週間なので血液検査はあまり変わらず…。

SAA炎症がやはり高いです。

 

 

 

※動物病院より掲載許諾を得ています。

 

 

領収書です。

薬は2週間分いただきました。

※動物病院より掲載許諾を得ています。

 

 

 

 

 

 

設定金額は薬代にも満たない金額ですが、目標金額に達成しないと1円も受け取れないシステムなので低く設定しております。上手く行く可能性は低いですがもしこの金額を達成できたとしたらセカンドチャレンジも実施する予定ですのでよろしくお願いします。ご理解の程お願いいたします。

 

 

 

コロナ禍でのオンライン授業中に隙間に入りこむグミ

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

2022年9月23日投薬開始〜

2022年12月15日〜投薬終了

その後経過観察をし寛解目標です。

 

 

 

 

 

 

FIPを治療する薬は国内未承認薬の為に非常に高額でありますが、治るんだということを証明してみせたいです。

 

FIPと宣告された時涙が止まらず調べれば調べるほど怖くなり、どうしてうちの子がと何度も悔やみました。

 

しかし、FIPだからといって諦めずに他の猫ちゃんたちの希望の光になれるように前向きに進んでいきます。そして、日本でも承認されるようにこの病気のことをもっと知ってもらえるように広めていきたいと考えています。

 

 

グミは7月の20日に1歳の誕生日を迎え成猫になったばかり、うちにきてまだ1年も経ってないです。まだまだグミといろんな事をして、おいしいものを食べてグミらしく楽しく過ごしてほしいです。1歳でグミの人生を終わりになんてしたくないです。みなさんのお力を貸して下さい。よろしくお願致します。

 

●資金の使い道について

ご支援いただいたお金は全額グミの治療費に充てさせていただきたいと考えております。領収書や治療経過は活動報告などにて都度報告させていただきます。リターンについて私自身そこまで頭が回らず、本当に情けないのですがお礼のメールまたは活動報告でお許しください。 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

●ペット保険による補償の有無。

 

「無」

 

 

●万が一、グミが亡くなってしまった場合の資金使途:返金はせず、亡くなるまでに発生した治療費に充てさせていただきます。

 

●プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変化が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

●本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。

連絡先:

Instagram@gmgm0715

 

 

 

●READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考えhttps://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/

ーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
鈴木竜太
プロジェクト実施完了日:
2022年12月11日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

皆さんからいただいた資金は全額グミの治療費に当てさせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします。

プロフィール

1歳になったばかりのグミをこれ以上苦しめたくないです。84日間の連続投与ができなければ、いつどうなってしまうか分かりません。どうかご協力よろしくお願いします。

リターン

500+システム利用料


グミ応援1

グミ応援1

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

1,000+システム利用料


グミ応援2

グミ応援2

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

3,000+システム利用料


グミ応援3

グミ応援3

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

5,000+システム利用料


グミ応援4

グミ応援4

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


グミ応援5

グミ応援5

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

20,000+システム利用料


グミ応援6

グミ応援6

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

30,000+システム利用料


グミ応援7

グミ応援7

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

50,000+システム利用料


グミ応援8

グミ応援8

●感謝の気持ちを込めて感謝の気持ちを込めて、お礼のメールと画像を送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

1歳になったばかりのグミをこれ以上苦しめたくないです。84日間の連続投与ができなければ、いつどうなってしまうか分かりません。どうかご協力よろしくお願いします。

あなたにおすすめのプロジェクト

子どもたちに森の恵みを|おもちゃ美術館”一口館長”大募集! のトップ画像

子どもたちに森の恵みを|おもちゃ美術館”一口館長”大募集!

東京おもちゃ美術館(NPO法人芸術と遊び創造協会)東京おもちゃ美術館(NPO法人芸術と遊び創造協会)

#子ども・教育

継続寄付
総計
17人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする