こんばんは。

 

 

すごく久しぶりに、

お休みをいただいて、

一泊二日の家族旅行に

行ってきました。

 

 

自営業なので平日も休もうと思えば

休めるのが利点ですが、

こうでもしないと永遠に仕事、

という日々になりがちです。

 

 

さて、今回は旅先で"gyuttone!"を使った

様子を書こうと思います。

 

 

行った先は沼津です。

アジのお刺身が美味しかったです~(*´ω`*)

お刺身が甘いと感じたのは、

10年前屋久島に仕事で赴任していた時

食べた、首折れサバ以来です。

ほんとに美味しかった!

 

 

ということで余談はここまでにしておいて。

 

 

外出先で、荷物が増えるときって

ありませんか?

 

 

うちの場合はいつも、出先で

ペットボトルやお菓子が増えて、

持って行ったバックに

入らなくなることがあります。

 

 

子供が、着てきた上着を脱いでしまったり。。。

途中から帽子をかぶってくれなくなったり。。。

全部持たされ、荷物が倍増なんてことも。。。

 

 

そんな時に私は、バックインバックとして

持って行っていた"gyuttone!"を

手提げカバンとして使っています。

 

 

 

肩にかけているトートバックに

"gyuttone!"を手提げかばんの状態で

入れておけば、

バックの中で仕切りになってくれます。

 

 

 

だっこひもとして使っている様子です。

眠そうな息子の表情が分かりますでしょうか。

極限まで遊びつくす子供。

帰りは眠くてグズるの、当たり前ですよね。

 

 

でも、16kgもある子を、なんの補助もなく

だっこしてたら歩けません( ;∀;)

腕が抜けそうになる。。。

だから、うちのお出かけには

"gyuttone!"が欠かせないのです。

 

 

子供も、外出するときには必ず

「だっこひも持っていってね」と

念を押すくらい

"gyuttone!"大好きです(#^^#)

作ってよかった。。。泣

 

 

次回は、皆様から寄せられた

「こういう使い方もあるんじゃない?」

というアイデアを書きたいと思います。

 

 

本日はここまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

kanadel 代表 大門みづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ