READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

宮城と福島に鎮魂の音楽・舞の雅楽を届けよう!雅楽慰問演奏プロジェクト

宮城と福島に鎮魂の音楽・舞の雅楽を届けよう!雅楽慰問演奏プロジェクト

支援総額

142,000

目標金額 300,000円

支援者
14人
募集終了日
2013年7月25日
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2013年06月02日 11:49

第一次雅楽慰問演奏

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/attachments/12876/dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80.?1370141348

募集ページにもありますように、博雅会ではこれまでに五度に渡りまして
東北へ雅楽の慰問演奏に行かさせて頂きました。
その模様は、博雅会の公演の際に配布するパンフレットに写真付きで詳しく
報告させて頂いております。今日から、その原稿を紹介させて頂きます。
今回は第一次の慰問演奏の様子です。

 


五回連続で行ったのは私を含め三名です。それ以外のメンバーは、日程が合えば
参加して頂きますし、合わなければ無理をしても仕方ありませんのでその回は
見送る、というスタンス。
第一次の慰問演奏は最初の回という事で、多数の方に参加頂きました。
五回中一番多い人数です。演奏者・スタッフ含め16名にもなりました。
このメンバーは、ほぼ博雅会のレギュラーメンバーでもありました。
ボランティア演奏ではありますが、まずは最高の演奏が出来た事を誇りに思います。

 


第一次の日程は2011年11月。震災から八か月が経っていました。
八か月も経っているのだからもうかなり戻っているだろう…と思っていましたが
大間違いでした。何も戻っていませんでした。
告知などが不徹底で、お客さんも本当に少なかったのですが、それでも
第一歩を踏む事が出来ました。大きな一歩です。それが二次・三次へと
繋がっていくのですから。

 


今思うのは、あの頃の熱い思いを忘れないようにしたい、ということ。
確実に、東北に対する熱意は薄れていると感じます。
雅楽慰問演奏と言う方法ではありますが、片時も忘れずに東北に心を寄せたいです。

 


 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

博雅会のこの活動を文章にまとめ、
メールにて報告させて頂きます。

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

alt

メールによる活動報告に加え、
博雅会公演のDVD『壱具』(1枚)を
お渡しいたします。

支援者
8人
在庫数
32

25,000

alt

メールによる活動報告に加え、
博雅会公演DVD『壱具』を1枚、
『壱具』以外の中で博雅会がセレクトしたDVDを1枚、
博雅会石川金沢公演ペアご招待券1枚をお渡しします。

支援者
2人
在庫数
28

プロジェクトの相談をする