プロジェクト概要

 

はっぴ&HAPPYプロジェクト

「はっぴ&HAPPYプロジェクト」とは、平成28年熊本地震で被災した神社の復興支援を目的としたプロジェクトです。第一弾として去年7月に、JR東日本グループの会社アトレがマレーシア・Pavilion クアラルンプールで行ったイベント『atre POP-UP Store』にて、熊本県神社庁の協力のもと全国から取り寄せた神社の法被を販売し、その収益の一部を熊本県神社庁を通して復興支援のため寄付を集めました。
 

しかし神社の復興には時間がかかります。そこでこの度第二弾を実施することとなりました。今回は、全国から取り寄せた法被を皆様のお手元に届きやすいように小物やバッグにリメイクして販売し、その収益の一部を熊本県神社庁を通して復興支援のために役立てていただきます。

 

熊本地震で被災した神社をハッピーに!はっぴ小物で復興支援
全国から集まった法被のリメイクから生まれる、応援の集合体をつくろう

 

はじめまして!フラッグス株式会社の代表取締役、松江慎太郎と申します。わたしたちは普段、地域の活性化のための企画提案を仕事にしています。

 

多くの人が「起こるはずのない」と思っていた大地震は、昨年2016年4月に二度も熊本を襲いました。悲しんでいる暇も与えられないほど、熊本全体がパニックに陥りました。熊本の企業が被災し、運営は滞り、神社や文化財、熊本城等も被災、観光客は激減、学校も休校になりました。「このままでは経済は回らない…。」社員一丸となって地震直後から熊本の復興のためにさまざまな取り組みをはじめました。

 

今回取り組むのは、熊本地震の影響で被災した神社の復興のため、仕事が激減した縫い子さんたちと手を組み、熊本県神社庁とのご協力も得てはじめた『はっぴ&HAPPY』プロジェクト。法被を小物やバッグにリメイクして販売し、その収益の一部を県神社庁を通して神社復興へ役立てる目的でこの活動を行っています。皆さんの心のよりどころである神社を『はっぴでハッピー』にする取り組みにぜひご協力をお願いいたします。

 

神社庁から集まった法被たちです。

 

古くよりこの地を守ってきた多くの神社が、今なお復旧できておりません。

 

2016年4月14日、熊本を震央とする地震が発生し、益城町では震度7を観測。そして2日後にも同じく地震が発生し、今度は西原村と益城町で震度7を観測しました。この地震は熊本全体に大きな被害の爪痕を残し、地域の心のよりどころでもある多くの神社が倒壊や半壊、鳥居や灯篭の損壊など甚大な被害を受けました。神社単独では復旧できない状況であり、今もなお復旧の目処が立っていない所が数多く存在します。多くの家が全壊・被災し、地域住民からの寄付に頼ることも難しい状況です。

 

阿蘇神社の被害(写真出典:浦川祐史)

 

五穀豊穣を祈って炎の輪をつくる「火振り神事」。多くの人々が集まる観光名所であり、地域の住民の誇りでもあった阿蘇神社も、地震によって甚大な被害を受けました。日本三大楼門の1つで、重要文化財の「楼門」と拝殿、神殿の柱や壁なども被災してしまっております。他にも、この地域を古くから守ってきてくれた場所が壊れ、地域住民の心の拠り所を失っています。

 

多くの重要な文化財が被害に合っています(写真出典:浦川祐史)

 

観光客の減少や田畑の被災により作物を出荷できない生産者さん。
震災復興のために昨年よりさまざまな取り組み始めています。

 

昨年5月・6月に、復興支援の一環として、東京・ドンキホーテ中目黒にて「くまもと復興支援特産品フェア」を実施いたしました。地震が発生してから、田畑が被災し、作物を出荷できない生産者が多く存在し、観光客の激減によって経済活動が成り立たなくなっていました。地域事業者を応援・支援する物産展を開催することによって、ご来店いただいたお客さまに熊本産の食材・特産品を応援していただきました。

 

続いて7月に、熊本地震で被災した神社の復興支援を目的とした「はっぴ&HAPPY」プロジェクトを立ち上げました。JR東日本グループの会社アトレがマレーシア・Pavilion クアラルンプールで行ったイベント『atre POP-UP Store』にて、全国から取り寄せた神社の法被を販売し、その収益の一部を熊本県神社庁を通して復興支援のため寄付を集めていました。その他、秋に行った東京・KDDI社の熊本復興フェアや佐賀でリクシルが行ったイベントなど、復興支援のキッカケづくりをしています。

 

 

 

全国から取り寄せられた「はっぴ」から生まれる支援のわをつくろう!

 

今回の「はっぴ&HAPPYプロジェクト」では、全国から取り寄せられた神社の法被を小物やバッグにリメイク、受注販売するためのカタログ(冊子・Web)を制作します。皆様からのご支援を通して熊本復興のひとつの基盤となるプラットフォームをつくり、リメイク品を購入していただいくことによって、仕事が激減した縫い子さんにご協力いただきながら、神社の復興に役立てていただきたいと思っております。

 

 

熊本県神社庁 庁長 宮崎國忠様

 

2016年4月に発生した熊本地震で、熊本県内の神社も全壊、半壊などの甚大な被害を受けました。あれから一年、皆様のご支援により、復興が進んでおりますがまたまだ完全になるまでには長い年月を要します。この状況を風化しないよう、発信続けることは神社にとってとても重要なことです。


フラッグスさまに、昨年実施していただきました、『はっぴ&ハッピープロジェクト』はマレーシアで法被を販売し、売上の一部を私どもに寄付して頂くという奇抜なプロジェクトで、話題性のある発信と寄付も頂きました。そして今年は法被を使った商品をつくり、クラウドファンデングで支援金を募集するというプロジェクトを実施頂くということで、たびたびのご尽力に深く感謝申し上げます。


たくさんの方々の暖かいお気持ちが、復興の向かう気持ちを強くしています。心より感謝し、今後ともよろしくご支援いただきます。

 

熊本県神社庁のみなさまにもご協力いただき、熊本の復興を目指しています!

 

少しずつ、神社の日常を取り戻せるように

 

震災で被害にあった数多くの神社が、少しでも早く地震前と同じ姿に戻れることを切に望んでいます。 今回のプロジェクトを通して、熊本地震により大きな被害を受けた県内所在の神社の姿、そして復旧が非常に困難であることを、より多くのご支援が今もなお必要でありますことを知っていただきたいのです。 完全な姿に戻るまでに相当な時間がかかることが想定されます。

 

現在、毎年にぎわいを見せていた神社のお祭りなど、地元の子供たちが楽しみにしている行事も中止や延期を余儀なくされていますが、境内でお祭りなど催事ができるように、その開催のための支援からでもスタートしていくことが、神社の復興へと繋がると思っております。

 

法被を小物やバッグにリメイクして販売し、その収益の一部を県神社庁を通して神社復興へ役立てます!

 

プロジェクトメンバーからのメッセージ

 

project member : 松江慎太郎
フラッグス株式会社代表取締役/NPOグランド12 代表理事/
一般社団法人国際ふりかけ協議会代表理事

1976年熊本市生まれ。2001年より熊本市内で飲食店を経営しながら、2011年よりNPOグランド12で、マンガ、アニメで街を活性化する活動を開始。2013年フラッグス株式会社を設立、ソーシャルプランニングを中心に、商品開発や新たなコンテンツ作りを始める。同年、熊本がふりかけ発祥の地である事を利点に「第1回全国ふりかけグランプリ」を開催。ふりかけを世界に広げることを目標に「一般社団法人 国際ふりかけ協議会」を設立。ふりかけで栄養補給を目的にアジアを中心に活動を始める。

 

project member : 津田聡
有限会社リネット代表取締役/フラッグス株式会社取締役副社長/JAGDA熊本副代表幹事/NPOグランド12 副代表理事/一般社団法人国際ふりかけ協議会 副代表理事

今回のプロジェクトは、被災した神社を救う目的と、仕事が激減した縫い子さん方の救済も含めて、様々な方々の力になることが出来れば良いことと、考えています。熊本は天孫降臨の高千穂にも近く、高千穂から阿蘇周辺には様々な神話があり、阿蘇神社や弊立神宮が有名ですが、神社が数多く点在しています。私自身、県外へ出て行った子ども達も節目には神社にお参りしていました。身近な神社が被災してしまいました。神社は、人の想いや、人の幸せを願う大切な場所です。


震災から一年経った今でも数多くの神社が、未だ被災しています。メンバーの仲山さんのご実家の協力で、全国の神社で使われていた法被を集めて寄附を頂きました。この法被を縫い子さんの技術で、様々な工夫を施して、魅力的なプロダクトが完成しました。集まった法被の色や形は様々で、同じ商品は2つと無いものが多いのですが、神社支援プロジェクトとして賛同していただき、皆様のご協力をお願い致します。

 

1963年生まれ。1995年からフリーのデザイナーとして活動、2005年法人化し、街の情報誌のデザインや、行政などのデザイン事業に関わる。2011年よりNPOグランド12を設立、2013年フラッグス株式会社を設立。2015年、装飾古墳のリデザインをテーマにした熊本デザインプロジェクト設立、アーティスト応援活動のKAOの活動にも参加。今回、熊本の神社の復興にむけて、広報デザイン面で参加

 

project member : 仲山幹子

フラッグス(株)取締役/一般社団法人 国際ふりかけ協議会代表理事

私の実家は室町時代から続く神社で姉は21代宮司として支えております。神社は日本人、そして地域の人々の心のよりどころです。私も物心ついた頃から、お宮掃除、祭りや様々な行事のお手伝いをしてきました。毎日神様に手を合わせない日々はありません。たぶん皆様も生まれた時から、神社でお祓いしてもらい、七五三に行き、成人式を迎え、結婚しと人生の節目で神社で手を合わせていらっしゃると思います。

 

その多くの神社が昨年の熊本地震により被災し、復興には長い時間がかかります。前回のプロジェクトは東京の会社のご協力を頂き、マレーシアにて法被を販売し、神社庁に寄付いたしました。今回のプロジェクトは縫い子さんのご協力を頂き、素晴らしい法被プロダクトを製作頂きます。皆様を守って下さる神社を支援し、縫い子さんの救済をし、素敵な法被小物を頂くプロジェクトにぜひご協力下さいますようお願い申し上げます。

 

タウン誌、広告会社を経て上京。東京の一流料理店と全国の希少食材の産直事業を立ち上げる。帰熊後は地域資源を活かした商品開発、販路開拓などを手掛け、コンテンツによる地域活性化事業、ふりかけの世界発信を実施。プロジェクトには神社庁とのパイプ役、法被の収集、調整を担当。

 

project member : 田上裕典

コミュニケーションデザイナー/UI/UXデザイナー/癒しの小部屋安優朱ヘナケアマイスター

所属/KAO(熊本アートオーガニゼーション)/球磨川のほとり/新町古町町屋研究会/くまもと新町古町復興プロジェクト/くまもと城華/マサラバザール実行委員会

去年の熊本地震により被災した数多くの神社が、今もなお復旧できず困難な状況を強いられています。私が住んでいる町の歴史ある建物も相当な被害にあいました。修繕するには金銭面での負担が大きく、解体を余儀なくされている家屋も数多く、町の風情が失われつつあります。地震直後に町の有志で立ち上げた復興プロジェクトで様々なボランティア活動をしていく中で建物の維持・修繕・再建の大変さを深く感じています。

 

持ち主の方々の悩みは解決の道が見えず、むしろ時間の経過とともにより拡大しています。ご縁がありましたフラッグス株式会社の仲山さんから神社の被害状況をお聞きした時、神社の神主さん達も全く同じ問題を抱えていることを痛感しました。神社の現状を知っていただき、被災した全ての神社が、いち早く復旧できますよう多くの皆様のお力添えをいただけますことを切に願っております。

縫い子さんの素晴らしいアイデアもあって法被が素敵にリメイクされました。「はっぴ&HAPPYプロジェクト」第二弾として今回はリメイク品を販売し、神社復興の支援に繋げます。神社支援にご賛同いただき、当プロジェクトにぜひご協力下さいますようお願い申し上げます。

 

復興再生の加速化をはかるためには、情報を風化させないように発信していくことも大切になります。この度、Readyfor様にご協力いただき、当プロジェクトを立ち上げられましたこと深く感謝致します。

 

1976年生まれ。多摩美術大学卒業後、ソニー株式会社にて3次元空間による仮想社会サービスなどのコンテンツ開発、日立製作所では自治体・公共機関・医療機関向けのソフトウェアなどのUIデザイン、情報デザインに従事。帰熊後は熊本城の城下町「新町古町」の町づくりを中心に、熊本における地域活性のためのイベントを画策。また、アートの社会活用、県内アーティスト支援のために立ち上げたKAOにて「熊本アート百貨店」などの企画運営に携わる。当プロジェクトのプロデュース、リメイク品のディレクションを担当。

 

ご支援いただいた方へ、お礼のリターンをご用意しております。

 

県神社庁の協力を得て集まった全国の神社の法被をリメイクした小物やバッグをお届けします!

 

「法被&HAPPYプロジェクト」にご賛同いただき、応援していただいている全国の神社の法被のリメイク品です。 ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通して、県内神社の復興資金に役立てていただきます。少しずつ、熊本が以前のような賑わいを取り戻せるようにみなさまの応援・ご支援をどうかお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■ 復興ご支援コース

 

感謝の気持ちを込めまして、お礼状をメールにてお送りさせていただきます。
※リターン品をお求めでない方は、こちらをご支援ください。
※ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通じて、県内神社の復興資金に役立てていただきます。

 

■ 法被リメイク小物3点セット

 

法被をリメイクしたオリジナル小物3点(名刺入れ、ポーチ、ペンケース)をお送りします。

※画像はサンプルになります。
※法被のリメイク品のため絵柄が一点ずつ違います。絵柄をお選びいただけませんのでご了承ください。
※ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通じて、県内神社の復興資金に役立てていただきます。

ポーチサンプル
名刺入れサンプル

 

■ 法被リメイク小物とバッグの3点セット

 

法被をリメイクしたオリジナル小物2点(ポーチ、ペンケース)とバッグ1点をお送りします。

※画像はサンプルになります。
※法被のリメイク品のため絵柄が一点ずつ違います。絵柄をお選びいただけませんのでご了承ください。
※ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通じて、県内神社の復興資金に役立てていただきます。

 

■ 法被リメイク小物とバッグの4点セット

 

法被をリメイクしたオリジナル小物2点(ポーチ、ペンケース)とバッグ2点をお送りします。

※画像はサンプルになります。
※法被のリメイク品のため絵柄が一点ずつ違います。絵柄をお選びいただけませんのでご了承ください。
※ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通じて、県内神社の復興資金に役立てていただきます。

 

■ 法被リメイク品フルセットコース

 

法被リメイク品小物5点(名刺入れ、ポーチ、ペンケース、携帯スマホ入れ、くるみボタン付ヘアゴム)、バッグ3点のフルセットをお送りします。

※画像はサンプルになります。
※法被のリメイク品のため絵柄が一点ずつ違います。絵柄をお選びいただけませんのでご了承ください。
※ご支援金の一部は、熊本県神社庁を通じて、県内神社の復興資金に役立てていただきます。

 


最新の新着情報