こんにちは~。

スタッフの千葉です。

お留守番から常駐になりました~。

 

「このノリのままでいこうか。」という事になりまして、ノリノリで最後まで突っ走ることにいたしました。

 

本日は「あおばの恋」を使っての取組みについてのご紹介です。

「あおばの恋」は県内産の小麦の名前です。

その多くは同じ登米市で育てられています。

運命ですね~。これは運命です。

あおばの恋に恋しちゃいますか。

…というわけでして、震災前から「県内産の小麦粉を使用した商品を作ろう!」という事で商品開発をしておりました。

改良に改良を重ねて、震災も乗り越えて、やっと一つ商品ができました。

それが、今回プロジェクトの中でリターン商品としてもあげさせて頂いている半生手延べうどん「青葉の恋」です。

小麦粉だけでなく、他の素材も県内産で、ストライプのすんごいキレイなうどんが出来ちゃったんです。

分かりますでしょうか?

ストライプです~。小麦粉はもちろん「あおばの恋」で、緑の部分には気仙沼のくわの葉茶が練りこんであるんですよ。キレイですよね。惚れちゃいますわ~。

ミネラルも豊富な塩釜の「藻塩」を使用し、一味違う「うどん」です。美味しいと好評頂いております。

県内産小麦「あおばの恋」使用商品…第一弾がこの半生手延べうどん「青葉の恋」。

 

そして……。

そして、その第二弾が「はっと」です。

ついに「はっと」登場!!

「はっと」も県内産の小麦「あおばの恋」で作る研究が始まったのです。

ただいま改良中です。

日々進化しています。

開発者の研究心は尽きることがなく、日々研究を重ねております。

 

あおばの恋使用の「はっと」の皆様へのお披露目は来年です。

今しばしお待ち下さいませ。

来年にはあおばの恋を使ったはっとが皆様の食卓におとどけできるのかと思うとわくわくです。

 

 

話しは変わるのですが(しかもあおばの恋とは別のお話し」……。

明日、実は!工場祭なんです!!

もちろん「はっと」も食べられます。

毎年人気なんですよね~。うちの「はっと」。

やっぱり「はっと」は人気者。

私も明日のお昼は「はっと」ですね~。

野菜も入っててヘルシーだし。

 

明日ははっと日和~。

天気いいといいな~。

青空の下ではっと食べた~い!!

外で食べるはっといいですよ。

 

お近くの方いらっしゃいましたら是非どうぞ!!

お待ちしてます。

 

スタッフの千葉でした。

新着情報一覧へ