READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

わたしと、社会と、地球と。笑顔をつなぐアートマスク。

ヘラルボニー

ヘラルボニー

わたしと、社会と、地球と。笑顔をつなぐアートマスク。

支援総額

3,298,600

目標金額 1,000,000円

支援者
433人
募集終了日
2020年7月26日
433人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
25お気に入り登録
25人がお気に入りしています

終了報告を読む


25お気に入り登録
25人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、世間を騒がせる新型コロナウイルスの影響もあり、外出自粛要請によってこれまで過ごしてきた日常とは違う生活を必然的に送らなければいけない中、社会の人達から感じられる空気感はどこか塞ぎ込んだように感じられます。

 

私たちヘラルボニーからは、感染拡大も防ぎながら塞ぎ込んだ生活や社会を打破し、繰り返し使える「日常をアートで美しく彩るサステナブルな“アートマスク”」をご提案致します。

 

また、リバーシブル(無地)での使用も可能です。プライベートや仕事といったシーンに合わせて、カジュアルとフォーマルを使い分けることができるマスクになっています。

 

 

 

 

Made in Japanという高い品質や機能性へのこだわりから、アートマスクの内側には東洋紡の抗ウイルス加工材”ヴァイアブロック®︎”を使用しています。また、生地には木材から作られた繊維”マイクロモダール”というサステナブルな素材を採用しました。アートの再現性に関わるプリント方法には、その鮮やかさを忠実に再現することが可能なインクジェットプリントを施しています。洗濯の耐久性、強度も高く、繰り返しご使用いただけます。

 

■生地情報

生地はマイクロモダールをメインに使用したカットソーを使用。

 

マイクロモダールとはストールや寝具にも良く使われ、肌触りがよく、シルクのような滑らかさを持ちます。木材から作られた繊維で環境にも優しく、燃やしても有害物質がほとんど出ない、サステナブルな素材です。軽さに加え、強度も強く洗濯も可能です。

 

■プリント

HERALBONYのアートを鮮やかな色目でインクジェットでプリントしています。

 

堅牢度(染色の丈夫さ)も高く、洗濯にも耐えられるプリントです。

 

■マスクの内側に抗ウイルス加工材ヴァイアブロック®︎を使用

マスクの内側に東洋紡の抗ウイルス加工材ヴァイアブロック®︎を使用。

ヴァイアブロック®︎には三つの特徴があります。
 

①抗ウイルス機能...ウイルス等の有害物質を吸着し、増殖を抑制することができます。

②消臭機能…アンモニアやアミンなどの悪臭の原因となる物質を吸収することができます。

③安全性…「SEK 抗ウイルス加工マーク」を取得するのに必要な、毒性試験、変異原性試験、皮膚刺激試験、皮膚感作試験をクリアしています。

 

 

 

 

 

 好きな音楽家はビリー・ジョエル、クイーン、井上陽水、スピッツ、THE BOOM。そして散歩が大好き。 小林は養護学校中等部の在学中に、日記も作文もすべての文字を独特の形にアレンジして書くようになった。 初め学校の先生も何とか直せないかと苦心したが、やがてこれを魅力的な造形表現ととらえることに切り替える。 これを転機に、彼の表現は多くの人に喜びを与えるアートとして羽ばたき始めた。

 

 

ある時はふわふわと、夢見るように周囲の誰かに笑顔で話しかけていたり。またある時は、一人自分の内側の世界に深く意識を沈めていたり。工藤のまなざしは、彼女の心だけに映る何かを追いかけてたゆたう。 心を満たす幸福なイメージが浮かぶのか。それとも痛みや悲しみを心に映さないようにするためなのか。それとも。

工藤の制作は、瞑想から生み出されるような果てしなさがある。自分が今なにかを作り出しているという意識はあるのだろうかーー。彼女が描く時、縫う時、あるいはよくわからない「なにか」をしている時。ふとそんな疑問を感じさせる、不思議な空気が彼女の制作には漂っている。

 

 

東京都出身。守谷養護学校(現・伊奈特別支援学校)高等部に在学中から、自然生クラブの太鼓ワークショップに参加し、抜群のリズム感を披露していた。2001年より自然生クラブのメンバーとなり、農作業や絵画、ダンスなどの表現活動に取り組み、ベルギー、香港、デンマークなど海外公演にも参加。田楽舞いの太鼓で、中心的役割を果たす。ダウン症、健康上の不安を抱えながらも豊かな感受性と想像力で、その表現の幅を広げている。2013年秋、個展「色彩の迷路展」を開催。

 

 

茨城県立美穂特別支援学校卒業後、2016年に自然生クラブに参加。温厚な性格でユーモアがあり、どんな仕事にも責任をもって取り組む。創作田楽舞では2019年の香港公演に参加。自由でのびやかな感性を持ち、太鼓を叩いたり、ダンスや歌を歌ったりする。絵画では「筆を滑らす動き」を重視し、ダンスと融合している印象を与える。形に着目し、何度も形をなぞって描き上げた「土偶」(2019)は、好評で、市役所の市長室控室に展示された。

 

 

私たちは知的障害のあるアーティストたちと日々仕事をしています。文字や数字を独自のアレンジでつなげて描く方、半世紀以上、同じ作風で何千点以上ものアートを描き続ける方がいます。自閉症やダウン症の特徴でもある”こだわり”が生み出すルーティンが、緻密で繊細な色彩、かつ大胆な作品を生み出すと私たちは考えています。 

 

今回のアートマスクには、岩手県の「るんびにい美術館」から小林覚、工藤みどり。

茨城県の「自然生クラブ」から高田祐、坂本大知の合計4名のクリエイティビティ溢れたアーティスト達のアートがデザインに使用されています。

 

販売価格の2%は、「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトに寄付され、3%は知的障害のあるアーティストに還元されます。

 

 

 

M/Lの2サイズ展開

 

 

 

 

 

 

株式会社ヘラルボニーの代表を務める双子の松田崇弥と文登です。

ヘラルボニーは、私たち双子に4つ上の兄がいたことから誕生しました。

 

兄には、自閉症という先天性の障害があります。彼はもちろん、笑います、悲しみます、怒ります、そして、涙を流します。敢えてカテゴライズするならば、私たち”健常者”と同じ感情を抱きながら、当たり前に毎日を平和に過ごしています。

 

しかし、兄はよく「可哀想」と表現されることがありました。同じ感情を抱いているにも関わらず、なぜ「可哀想」なのだろう?抱く感情に優劣も差別もないのではないか?

 

だからこそ、ヘラルボニーは「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニットとして、スタートを切り出しました。私たちは知的障害のあるアーティストが描いた作品を通じて、「欠落」というイメージを「個性」へと変換させていく挑戦を行なっています。

 

 

私たちが日々関わる福祉業界は課題が多い業界であり、最も大きな課題は、社会に根付く「障害者」への偏見だと考えています。「今の日本の社会に、障害のある人に対する差別や偏見があると思いますか」という質問に対して、日本人の約8割が「差別がある」と回答しました(「2019年 障害者共生社会に関する世論調査」調べ)。「障害者」という言葉や括りは、ある種の「欠落」を連想させているのではないでしょうか。

 

しかし、実際はそんなことはありません。歌を唄い、絵を描くなど、個性やクリエイティビティに溢れた個人が多くいます。その誤った偏見や先入観を正しくアップデートすることで、障害のある方々が、自分らしく生きられる社会を築いていきたい。それが私たちの掲げるミッションだと考えています。

 

 

そんな業界にヘラルボニーが挑む理由は、一緒に働く仲間のバックグラウンドと専門性にあります。知的障害のある妹を持つ元IT企業出身者、ダウン症のある人と洋服づくりをしていたファッションデザイナーなど、多様なバックグラウンドと専門性のあるメンバーが在籍していることで、福祉業界に新風を巻き起こし、業界を飛び越え、さまざまなコラボレーションが生まれています。この閉ざされた福祉という業界が持つ魅力と、メンバーの培ってきた専門性を掛け合わせた、新しいビジネスが提案できるからこそ、福祉業界に挑戦したいと考えました。

 

株式会社ヘラルボニーでは、これまでに知的障害のあるアーティストが描くアート作品をプロダクトに落とし込み、社会に提案する「HERALBONY」という国内の職人とコラボし最高品質に拘ったアパレルブランドの展開から始まり、工事現場の仮囲いにアートを展示することで社会貢献機能も付加しながら美術館にする「全日本仮囲いアートミュージアム」など徐々にアートを基軸とした自社事業を展開して来ました。

 

 

 また、2019年7月には「TOMORROWLAND」とのアパレルコラボ商品の展開。2019年12月には岩手県花巻市にて実装した、JR東日本の駅舎をアートで彩る「HANAMAKI ART STATION」など国内大手企業とも共創してきました

 

 

新型コロナウイルスが社会を騒然とさせている中、私たちが信じるアートの力で何かできることはないかと日々考えていました。

 

まず私たちが始めたのが、「#福祉現場にもマスクを」というプロジェクトです。マスクが必要なのに、福祉施設の現場などは声があげられていない現状です。さまざまな理由から、濃厚接触、三密が避けられない環境であり、福祉全体の崩壊を防ぐため、福祉の現場にマスクを届けます。この困難な状況を打破し、一人でも多くの命を守りたいという想いから立ち上がりました。

 

 

しかしながらマスクは、「使い捨て」の習慣があり、環境的にサステナブルではないという課題。そして、マスクを装着することが必然とされた現在において、マスクを装着する行為自体はポジティブなイメージがないという課題も感じていました。

 

私たちが展開する、知的障害のあるアーティストが描くアート作品をプロダクトに落とし込み、社会に提案するアパレルブランド「HERALBONY」は、品質に拘ることはもちろん、将来的にユーザーが日常的かつアートが生活に馴染み、アートのある生活を楽しめるようなライフスタイルブランドを目指しています。

 

「HERALBONY」というブランドは、「装着する必要があるのであれば、日々を彩るファッションアイテムとしても楽しむマスク」が作ることが出来ます。また、マスクを明るく、楽しく、品質の良いサステナブルなファッションアイテムとして新たな価値を創出することができると考えました。

 

 

 

長い自粛期間の出口がようやく見えはじめ、これまでとはまったく違う時代がやってきます。でも、昔はよかったな、そんな未来は楽しくないな、と考えながら暮らしていくのはさみしいですよね。こんな時だからこそ、自分から笑顔になることが大切だと私たちは思うのです。

 

笑顔は、笑顔から生まれるといいます。

 

昨日までは仕方なくつけていたマスクを、明日からは、つけたいマスクへ。

私たちはあたらしい生活様式の中で“アフターマスク”のあり方を考えることからはじめてみたいと思います。

 

 

 出勤や通学、お出かけの前に、鏡の前でコーディネートを楽しむようにマスクを選ぶ。

その日の予定やTPO、あるいは気分によって今日の自分を表現する。

そこに、私たちが取り組む“アートを身に付ける”という選択肢を提案させてください。

 

今回支援をお願いする「アートマスク」で紡ぎたいストーリーは、

まず、あなたが笑顔になる。

まわりの人の気持ちも明るくなる。

そしてあなたの笑顔は、このアートを手掛けたアーティストや

福祉の現場でマスクを必要としている人たちの笑顔になる。

さらには、使い捨てをやめ、サステナブルな素材にすることで地球環境も笑顔になる。

あなたと社会、あなたと地球がつながって、笑顔がリレーする。

そんなハッピーエンドを迎えることができたらどんなに素敵だろう、と考えています。

 

マスクを付けることに、あたらしい価値を。あなたの支援をお待ちしております。

 

 

 

Q:マスクの生産地はどこですか?
A:大分県の工場で生産されています。プリント、縫製、全ての工程で日本製です。

 

Q:マスクの安全性・品質について教えてください。
A:マスクの間に挟んでいる抗ウイルス加工材ヴァイアブロック®︎ は「SEK 抗ウイルス加工マーク」を取得するのに必要な、毒性試験、変 異原性試験、皮膚刺激試験、皮膚感作試験をクリアしています。

 

Q:マスクの耐久性を教えてください。
A:生地に使用しているマイクロモダールはタオルなどにも使用される素材で、洗濯強度が高く長くご使用いただけます。

 

Q :洗濯は可能ですか?
A :可能です。ネットのご使用をおすすめします。アイロンご利用時には、あて布の使用をお願いします。

 

Q:知的障害のあるアーティストにはどれくらい支払われますか?
A:販売価格×生産個数×3%が作品使用料として支払われます。

 

Q:福祉現場への寄付はありますか?

A:販売価格×生産個数×2%が「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトに寄付されます。

 

Q :支援後の種類・サイズ変更は可能ですか?
A :恐れ入りますが、種類・サイズ変更は承っておりません。ご支援の際はご注意いただけますようよろしくお願いします。

 

Q :不良品の場合、返品・交換は可能ですか?
A :製品には万全を期していますが、万が一問題があった場合には、商品到着後7日以内にお申し付けください。

 

 

 

Product Designer :佐々木春樹(株式会社ヘラルボニー)

Art Director:守田篤史(Paper Parade Inc.)

Copywriter:林潤一郎(POOL inc.)

Photographer : イトウタカムネ(イトウタカムネ写真事務所)、竹内康朗(株式会社TTIME)

プロフィール

ヘラルボニー

ヘラルボニー

「異彩を、 放て。 」をミッションに掲げ、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す企画会社。 知的障害のある人が描くアート作品をプロダクトに落とし込み、 新しい価値の提案を目指すブランド「HERALBONY(旧MUKU)」の運営や、 建築現場の仮囲いに知的障害のあるアーティストのアート作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」、 100年後のコミュニケーションを考える「未来言語」など、 福祉を軸とした社会実験に取り組む。 日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

リターン

4,000

アートマスク スタンダードプラン【1枚】

アートマスク スタンダードプラン【1枚】

●リターン品:アートマスク1枚(希望するアートマスク、サイズ(M/L)をお選びください。)

●割引額:通常価格より¥400オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
203人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

7,800

アートマスク ペアセット【2枚】

アートマスク ペアセット【2枚】

●リターン品:アートマスク2枚(希望するアートマスク、サイズ(M/L)をお選びください。)

●割引額:通常価格より¥1,000オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
137人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

15,000

アートマスク 4枚セット

アートマスク 4枚セット

●リターン品:アートマスク4枚(希望するアートマスク、サイズ(M/L)をお選びください。)

●割引額:通常価格より¥2,600オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
69人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

アートマスク 8枚セット

アートマスク 8枚セット

●リターン品:アートマスク8枚(希望するアートマスク、サイズ(M/L)をお選びください。)

●割引額:通常価格より¥5,200オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

150,000

アートマスク 40枚セット

アートマスク 40枚セット

●リターン品:アートマスク40枚(アートマスク、サイズ(M/L)の数量はメッセージ上でお伺いさせて頂きます。)

●割引額:通常価格より¥26,000オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

300,000

アートマスク 80枚セット

アートマスク 80枚セット

●リターン品:アートマスク80枚(アートマスク、サイズ(M/L)の数量はメッセージ上でお伺いさせて頂きます。)

●割引額:通常価格より¥52,000オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

700,000

【法人向け】アートマスク 200枚セット

【法人向け】アートマスク 200枚セット

●アートマスク:200枚(アートマスク、サイズ(M/L)の数量はメッセージ上でお伺いさせて頂きます。)

●割引額:通常価格より¥180,000オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

1,200,000

【法人向け】アートマスク 400枚セット

【法人向け】アートマスク 400枚セット

●アートマスク:400枚(アートマスク、サイズ(M/L)の数量はメッセージ上でお伺いさせて頂きます。)

●割引額:通常価格より¥560,000オフ

●一般小売価格:¥4,400 / 1枚(送料別)

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

【特典】
●1種類400枚ご支援の場合、アートマスクに企業ロゴを承ります。ご希望の場合、備考欄にご記載ください。
●1種類400枚ご支援の場合、オリジナルアート作品をお選びいただくことが可能です。ご希望の場合、備考欄にご記載ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

3,000

HERALBONY|アートハンカチ応援プラン

HERALBONY|アートハンカチ応援プラン

●リターン品:HERALBONYアートハンカチ:1枚

●アートハンカチ種類:アートハンカチをランダムで1枚お届けします。

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

支援者
36人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

9,000

HERALBONY|アートスカーフ応援プラン

HERALBONY|アートスカーフ応援プラン

●リターン品:HERALBONYアートスカーフ:1枚

●アートハンカチ種類:ご希望のアートスカーフをお選びください。

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

詳細URL:https://www.heralbony.com/category/scarf/

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

25,000

HERALBONY|アートネクタイ応援プラン

HERALBONY|アートネクタイ応援プラン

●リターン品:HERALBONYアートネクタイ:1本

●アートネクタイ種類:ご希望のアートネクタイをお選びください。

●配送時期:クラウドファンディング達成後は、9月上旬から順次に配送を行う予定です。

●送料:配送料込

詳細URL:https://www.heralbony.com/category/necktie/

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

「異彩を、 放て。 」をミッションに掲げ、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す企画会社。 知的障害のある人が描くアート作品をプロダクトに落とし込み、 新しい価値の提案を目指すブランド「HERALBONY(旧MUKU)」の運営や、 建築現場の仮囲いに知的障害のあるアーティストのアート作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」、 100年後のコミュニケーションを考える「未来言語」など、 福祉を軸とした社会実験に取り組む。 日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

野良猫のためのパトロールを支えて下さいませんか?vol2

三善理恵三善理恵

#動物

447%
現在
1,118,000円
支援者
128人
残り
13時間

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする