クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子どもを看取った家族の体験談をケアブックにまとめたい!

福峯静香(療育ファミリーサポートほほえみ)

福峯静香(療育ファミリーサポートほほえみ)

子どもを看取った家族の体験談をケアブックにまとめたい!
支援総額
681,000

目標 600,000円

支援者
33人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年11月15日 08:25

グリーフケアを理解するために その5

「悲嘆の経験(3)」

 

今回は身体的側面における悲嘆の経験です。

食欲の低下、過食、頭痛、筋肉痛、
動悸、不眠、のどの詰まった感じ、
口渇、胃をえぐられるような感じ・・・

 

身体的な症状として現れる経験は数多くあります。

 

愛する人を亡くした後、身体的な不調から
病院を訪ねた人の割合は、とても高いのだそうです

私自身、息子を亡くして2か月目
右腹部に日常的に感じる痛みがあり
精密検査を受けました。

 

結果、何も問題は見つからず
一年程で痛みは自然に消失しました

 

多くはグリーフの強さとともに、
変化したり、消失したりする身体的症状ですが、
検査などで重大な疾患が見つかる場合もあり、

「故人が知らせてくれた」と感じられたという
経験談もあります

 

自分自身で自身の身体を気遣うことが
欠如しがちな時期ですので、
周囲の方が気にかけてあげることも大切ですね

 

体調不良が原因でグリーフが
より重くなったり、複雑になることもありますので、
不眠などが長く続く場合などには、
病院を受診し、適切な治療を受けることが大切です

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・お礼のサンクスメール

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・お礼のサンクスメール
・「子どもを看取る家族のケアブック」に名前が載る権利
・つまようじ絵のポストカード

支援者
15人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・お礼のサンクスメール
・「子どもを看取る家族のケアブック」に名前が載る権利
・グリーフブック 「だいじょうぶっていっているよ
~大切な人とお別れをしたこどもたちの16のエピソード~」

支援者
6人
在庫数
24

100,000円(税込)

・お礼のサンクスメール
・「子どもを看取る家族のケアブック」に名前が載る権利
・グリーフブック 「だいじょうぶっていっているよ~大切な人とお別れをしたこどもたちの16のエピソード~」
・「子どもを看取る家族のケアブック」完成版

支援者
2人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする