国を越え、町をめぐる平和のメッセージ!ポストカードブック出版

今回は、〜ドイツ編〜です。

 

ドイツ人は、日本人と似ているとよく聞きます。

 

繊細なところ、

ひとの気持ちがわかるところ、

真面目なところ、

などなど、いろいろ。

 

そんなことを感じるシーンに出会いました。

 

友人の悩みを聞いている女性が、

話が深刻になっていき、

「だいじょうぶよ」と言って、

優しく手をとり、さすっています。

 

それだけで、悩みを話しているひとのこころが

落ち着いていくのが、私からもわかりました。

 

 

 

手を握るって、あたたかくなりますよね。

 

なにか、こころがゆるみますよね。

 

素敵なシーンでした。

 

ちょっと違うけれど、

昔、風邪をひいたときに、

母が私のおでこに手をあてて熱がないか、

心配していたシーンを思い出しました。

 

あの母の手、

台所の水仕事で、冷たかったけど、

あたたかかったなぁ〜。

 

おでこにあてられて、

気持ちよかったなぁ〜。

 

「手」って、魔法ですね。