笹原さんの息子さんの写真
笹原さんの息子さんが持つスタンプカード



 



 



こんばんは、日本IDDMネットワークの笹原加奈子です。



 





先日、私と同じ1型糖尿病を発症している息子が、予期せぬ重症低血糖を起こしました。

寝ているときに、ふと息遣いがおかしいと感じ測定すると「LO」(血糖値が低くなりすぎて測定できない状態を表します)でした。



手の震えからそのまま痙攣を起こしました。



 





こんなに小さな子どもが意識が遠退く瞬間に



 



「母ちゃん怖い、怖いよ。どうにかなっちゃうよ。目がぐるぐるするよ。」





そう言っていました。



 





今はもう元気いっぱいですが、こんなに辛い経験は私も胸が痛くなりました。

もっと前に感知することが出来ていたら、、、何度そう思ったでしょう。

寝ているときに糖分を口にするのもさせるのも、ともて大変なのです。

私も毎日夜中に息子の血糖測定をして寝るので、もしワンちゃんたちが手伝ってくれたなら本当に心強い味方になってもらえます。



 





いつも息子が自宅で良いことやお手伝いをしてくれた時、一つシールを貼るスタンプカードがあります。



そのスタンプカードが全部たまったら、自分の見たい映画だったり欲しい絵本だったり息子の好きなものに交換することが出来るのです。



 





そのスタンプカードを私に持ってきて



 



「頑張れるだけがんばったら!これをピースわんこ達につかってあげて!」



 



と、昨日言われました。



 





息子も低血糖アラート犬の存在を知っています。



二人で低血糖アラート犬について沢山話をしました。





私たちの低血糖感知とワンちゃんたちへの素敵なプロジェクトへ是非ご支援・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。



 



 



認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク



事務局スタッフ 笹原 加奈子