クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ミャンマーと日本の絆を深める学生会議をヤンゴンで開催したい!

IDFC日本側実行委員会 大場夏希

IDFC日本側実行委員会 大場夏希

ミャンマーと日本の絆を深める学生会議をヤンゴンで開催したい!
支援総額
358,000

目標 300,000円

支援者
41人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年09月29日 16:52

代表の橋本が日ミャンマー交流会にパネルとして参加!

昨日28日(日)、代表の橋本が日ミャンマー交流会@汐留 にてパネルとして登壇しました!

 

日ミャンマー交流会とは、ASEAN Community Japan が主催で開かれた、「若者の若者による若者のための」文化交流イベントです。(http://jp.aseancommunity.org/2014/09/28/myanmar-60th/)

 

 

冒頭に行われたパネルディスカッションでは、ミャンマーに関わる活動をする日本人学生と日本で働く・学ぶミャンマー人がそれぞれ3人ずつパネルとして登壇され、我らが代表橋本もそのうちの一人としてお話しさせていただきました!

 

 

日本とミャンマーの相互理解を若者からさらに促進しようという、IDFCと共通した基本理念を抱くこのイベント。ミャンマー人の参加者も多く、有意義なパネルディスカッションとなりました!

「ミャンマーの食べ物はオイリー!」といったカジュアルな話題から、民主化後も続くミャンマーの問題点など真面目なトークまで幅広いトピックで意見交換がされ、ミャンマーへの理解、そしてミャンマー人が見た日本というものへの理解を深めることができました!

 

 

緊張気味だった橋本を見守りながら私(大場)もたくさんの学びを得た今回のパネルディスカッション。

 

中でも印象的だったのは「日本人のミャンマー理解が不十分なのと同じように、ミャンマー人の日本理解もまだ足りていない。」というお話。

 

12月の会議では日本人学生がヤンゴンに行って、フィールドワーク等の活動を通し現地の方と交流する機会がたくさんあります。

私たちがミャンマーを理解するに留まらず、ミャンマー人によりリアルな日本を理解してほしい!そんなことを考え、私たちの活動の意義を改めて確認することができました!

 

引き続き、皆さんのご支援をよろしくお願い致します!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1.直筆のお礼状
2.フリーランスカメラマンが撮影するミャンマーのポストカード(2枚組)

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記に加えて、
3.ナンカタインクッキー/Nan Ka Htaing Cookies
4.ミャンマーバガン地方伝統工芸品、漆器の小物入れ
5.参加者全員の顔写真&プロフィールとコメント入りの報告書

支援者
23人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記に加えて、
6.ミャンマーの伝統衣装ロンジー(巻きスカート)
7.フリーランスカメラマンが撮影するミャンマー写真集

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

上記に加えて、
8.日本での帰国後報告会にご招待

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする